ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 県政・地域情報 > 県政情報・財政 > 広報・広聴 > 農林水産部 > 牛肉の放射性物質検査対象の見直しについて(畜産課)

牛肉の放射性物質検査対象の見直しについて(畜産課)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月27日更新
担当課
記者発表資料

記者発表資料

令和2年3月27日

農政部畜産課生産振興班

担当:鈴木(秀),石黒,加藤

 内線:2853

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

                 牛肉の放射性物質検査対象の見直しについて


 宮城県では,原子力災害対策本部が定める「検査計画,出荷制限等の品目・区域の設定・解除の考え方(ガイドライン)」に基づくモニタリング検査対象とし,県産牛肉の全頭検査を実施しております。
 この度,令和2年3月23日付けでガイドラインの見直しが行われ,「適切な飼養管理が確認された牛」については,令和2年4月1日から検査対象から外れることとなったことから,下記のとおり検査対応を見直すこととしておりますので,お知らせします。 


                                                 記

見直し後の本県の検査対応
 ガイドラインが見直しとなったことから,宮城県では,「適切な飼養管理が確認された牛」として,牧草等が給与されていない肥育牛を検査対象から外します。
 なお,繁殖牛,乳用牛として役割を終えた廃用牛等については,牧草等が給与されていることから,引き続き全頭を検査対象とし,県内と畜場において放射性物質検査を実施いたします。
 また,給与する牧草等の検査や保管管理についても,県産牛の安全性を確保するために継続します。
今後,ガイドラインからの除外等につきましては,国と継続協議します。

 


担当課への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。