ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 県政・地域情報 > 県政情報・財政 > 広報・広聴 > 農林水産部 > 平成30年度食料生産地域再生のための先端技術展開事業(社会実装促進業務委託事業)ブドウ「シャインマスカット」現地研修会を開催します

平成30年度食料生産地域再生のための先端技術展開事業(社会実装促進業務委託事業)ブドウ「シャインマスカット」現地研修会を開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月4日更新
記者発表資料

平成30年10月4日
宮城県農業・園芸総合研究所
担 当:企画調整部 遠藤,北川
連絡先:022-383-8118

担当

 

平成30年度食料生産地域再生のための先端技術展開事業(社会実装促進)ブドウ「シャインマスカット」現地研修会を開催します

 宮城県では,東日本大震災からの農業の復興に向け,農林水産省「食料生産地域再生のための先端技術展開事業」による先端技術の実証研究に取り組んできました。
 このたび,この実証研究のうち,「被災地の早期復興に資する果樹生産・利用技術の実証研究」の中で得られた成果として,下記によりブドウ「シャインマスカット」の現地展示ほにおいて,具体的な栽培のポイントについて確認し,参加者相互で意見交換を行う研修会を開催しますので,是非取材くださるようお願いします。


1 日 時 平成30年10月12日 (金曜日) 午後1時から午後4時まで

2 場 所 
(1)集合場所
  宮城県農業・園芸総合研究所 (名取市高舘川上字東金剛寺1)
(2)研修場所
  現地展示ほ (亘理町吉田)

3 主 催
  宮城県農業・園芸総合研究所
 (食料生産地域再生のための先端技術展開事業三県連携農業コンソーシアム宮城県拠点)

4 スケジュール及び内容
 午後 1時00分 宮城県農業・園芸総合研究所駐車場 集合・受付
 午後 1時10分 宮城県農業・園芸総合研究所駐車場 出発
 午後 1時50分 現地展示ほ 到着
 午後 1時50分から3時20分 研修会
        (1)今年の「シャインマスカット」生育状況について
        (2)雨よけ栽培(H型整枝・短梢せん定)の作業実績について
        (3)収穫時期の判断基準について
 午後3時20分 現地展示ほ出発
 午後4時00分 宮城県農業・園芸総合研究所駐車場到着,解散
 ※時間は交通事情等により前後する場合があります。

注)取材を希望される場合は,10月10日 (水曜日) までに上記担当あて御連絡願います。
   なお,現地の駐車場の都合により,参加者は原則バス移動となりますが,直接現地に行かれる場合は,駐車スペースを確保しますので,その際に併せてお申し出ください。


※プレスリリース資料は, [PDFファイル/74KB]をご覧下さい。

 


担当への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。