ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農業農業政策県産パプリカが国際宇宙ステーションへ!(園芸振興室)

県産パプリカが国際宇宙ステーションへ!(園芸振興室)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月4日更新
このリリースの担当課(所)
記者発表資料

平成30年10月4日
園芸振興室先進的園芸推進班
担当:相澤,伊藤(嘉)
内線:2723

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

「県産パプリカ」が国際宇宙ステーションへ!

 宮城県産パプリカが,宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7号機)に搭載され,国際宇宙ステーション(ISS)において,喫食されました。JAXAでは,生鮮食品のISS搭載に向けた取り組みを継続していく予定であり,宮城県としては,本県産パプリカの宇宙での継続的な利用を期待しています。

 記者発表資料 記者発表資料 [PDFファイル/155KB]

 JAXAプレスリリース http://www.jaxa.jp/press/2018年10月20日181004_kounotori7_j.html


担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)