ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴「宮城県田んぼダム実証コンソーシアム」の設立について

「宮城県田んぼダム実証コンソーシアム」の設立について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月8日更新

 

担当課

令和3年6月8日

宮城県農政部農村振興課

担当:佐藤(文),峯田

電話:022-211-2705

e-mail:nosonshinc@pref.miyagi.lg.jp

記者発表資料

「宮城県田んぼダム実証コンソーシアム」の設立について 

1 概  要

宮城県では,近年多発する豪雨災害への対策として,水田の持つ雨水貯留能力を最大限活用し洪水被害を緩和する「田んぼダム」の取組を推進することとしており,今般,取組の拡大に向け,下記のとおり「宮城県田んぼダム実証コンソーシアム」を設立します。

本コンソーシアムは,「田んぼダム」の効果や適地の検証を行うとともに,普及に向けた多様な課題を積極的に解決することで,「田んぼダム」の取組拡大に寄与することを目的としています。

2 日  時

 令和3年6月14日(月曜日) 午後2時から3時15分

                [設立総会]午後2時~,[現地研修]午後3時~

3 開催場所

 [設立総会] 宮城県古川農業試験場 大会議室(大崎市古川大崎字富国88番地)

 [現地研修] 千刈江(せんがりえ)地区実証ほ場(大崎市古川塚目地内 下図参照)

【開催場所位置図】

会場位置図

4 主  催

 宮城県,大崎市

5 内  容

 [設立総会] コンソーシアムの立ち上げ

 [現地研修] 堰板(せきいた)設置式

       スマート田んぼダム実演(自動排水栓)

6 出席者

 大崎市長,色麻町長,加美町長,涌谷町長,美里町長

 関係土地改良区理事長,関係農業組織代表

 宮城県農政部長,北部地方振興事務所長

7 その他 

 雨天決行

 「田んぼダム導入促進・効果検証モデル事業」の事業看板はコチラ [PDFファイル/1.14MB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)