ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす観光課「宮城県ふっこう割」を始めます

「宮城県ふっこう割」を始めます

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月23日更新
このリリースの担当課(所)
記者発表資料

令和元年12月23日
経済商工観光部観光課
担当:小野寺・菊田
内線:022-211-2895

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

「宮城県ふっこう割」を始めます

 県では,国内外の旅行者を対象とした旅行・宿泊商品(宮城県内に1泊以上宿泊するものに限る)に対して,1人泊当たり最大5,000円の割引を実施します。

※料金を割引して旅行・宿泊商品を販売する旅行会社,宿泊事業者等へ割引原資を支援するもので,旅行者ご本人の手続きは不要です。

1 目的

 台風第19号がもたらした被害により,観光需要の落ち込み(災害起因の宿泊キャンセル)が見られることから,国内旅行者はもとより国外旅行者も対象とした旅行・宿泊料金の割引を支援することで,観光需要を喚起するものです。

2 対象地域

 宮城県全域

3 事業実施期間  

 旅行者の方:令和元年12月27日(金曜日)午後から割引旅行・宿泊商品を随時販売開始

 ※対象となる宿泊期間は,令和2年1月5日(日曜日)から3月13日(金曜日)

  (予算がなくなり次第,販売終了)

 ※詳しくは,12月27日に開設予定の「宮城県ふっこう割」特設WEBサイト

   http://fukkouwari-miyagi.jp/

 をご覧ください。

 

 旅行業者の方:旅行・宿泊商品の申請等を受付ける「宮城県ふっこう割事務局」を12月27日に設置します。

 申請方法や問合せ先については,12月27日以降,上記WEBサイトからご確認ください。

4 予算額

 200,000千円(うち県一般財源上乗せ分37,219千円) 

 

【予算額のうち500万円を「小原・白石湯沢温泉応援枠」として設定】

 台風第19号の被害で国道113号線が通行止めになったことにより,その沿線にある白石市の小原温泉及び白石湯沢温泉は,営業面で大きな影響を受けたことから,当該温泉地の観光宿泊客の誘客を図るため,「小原・白石湯沢温泉応援枠」を設定するものです。

5 割引額

 日本人向けの旅行・宿泊商品の場合,1室2名以上の利用のみ対象とします。

 ※外国人向けの旅行宿泊商品の場合,1室1名の利用でも可

割引額等一覧

旅行・宿泊商品の金額

(1名旅行代金)

1旅行1泊当たり

の割引額

1旅行連泊の場合の

1人当たりの割引限度額

1万円以上

5,000円

日本人 15,000円(3泊分)

外国人 50,000円(10泊分)

6千円以上~1万円未満

3,000円

2千円以上 ~6千円未満

1,000円

2千円未満

対象外

-

6 当事業による想定宿泊者数

 36,700人泊分(うち県上乗せ分7,000人泊分)

 

記者発表資料はこちら→記者発表資料 [PDFファイル/180KB]

 


担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)