ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴東名水門の自動閉鎖システム説明会の開催について

東名水門の自動閉鎖システム説明会の開催について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月7日更新
担当課
記者発表資料

令和元年11月7日
土木部河川課河川整備班
担当 尾形,新迫
内線 3174

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

 

東名水門の自動閉鎖システム説明会の開催について

目的 

  平成23年の東日本大震災による津波被害を踏まえ,11月5日は「津波防災の日」とされており,各地で津波防災に関する様々な活動が実施されています。

東日本大震災において,水門,陸閘の閉鎖に従事した水防団等の方々が犠牲となった状況を踏まえ,本県では,津波注意報や津波警報等の発表時に現地で人が操作することなく,安全かつ迅速,確実に水門,陸閘を自動で閉鎖するシステムを採用することとしました。

今回,東名水門において,自動閉鎖システムを県内で初めて運用開始するため,地域住民を対象とした説明会を実施します。

開催内容

1.開催日時 

  令和元年11月10日(日曜日) 10時から

 

2.開催場所

  東名水門(宮城県東松島市大塚字長石地内)

 

3. 参加予定者

  ・地域住民(東松島市東名地区)

  ・地元消防団

  ・東松島市

プログラム

  (1)水門・陸閘自動閉鎖システムの概要説明

  (2)模擬操作(津波警報を想定した水門動作の確認)

  (3)質疑応答

 

 

 詳細については、チラシ [PDFファイル/2.39MB]をご覧ください。

 

 

 


担当課への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)