ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴宮城県図書館「改称100周年記念企画展」開催について(生涯学習課)

宮城県図書館「改称100周年記念企画展」開催について(生涯学習課)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月19日更新
担当課
記者発表資料

令和元年9月19日
宮城県図書館 みやぎ資料室
担当:佐尾
電話:022-377-8483

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

    

宮城県図書館「改称100周年記念企画展」を開催します

 今年、令和元年(2019年)は、宮城「県立」図書館が宮城「県」図書館と改称した大正8年(1919年)から100年の年にあたります。

 その記念として、「宮城県図書館改称100周年記念企画展 宮城「県立」図書館から宮城「県」図書館へ  ~資料で見るあのころの図書館~」を開催します。

 今では貴重な当時の刊行物・写真等から、宮城県図書館のあゆみを振り返ります。

1 開催日時   

 令和元年9月14日(土曜日)から11月10日(日曜日)まで

 図書館開館日の午前9時~午後5時 ※入場無料

2 開催場所   

 宮城県図書館 2階展示室

 〒981-3205仙台市泉区紫山1丁目1番地1

3 主催   

  宮城県図書館 

4 主な展示内容  

●『宮城県報』690号(大正8年10月10日)

現在の『宮城県公報』に相当する資料で、宮城「県立」図書館から「立」の文字を削除する旨告示されたことが確認できます。

 ●『宮城県立図書館要覧』(宮城県立図書館、1913)

  大正元年に完成した館舎の上棟式や閲覧室内の様子など貴重な写真が掲載されています。

 ●『最新仙台市大観』(阿部彦三郎、1928)

  昭和3年に開催された東北産業博覧会に合わせて発行された仙台市の鳥瞰図で、宮城県図書館を含む市街地の様子がわかります。

《同時開催》 修復完了貴重資料 特別展示 『所々御境目絵図(ところどころおさかいめえず)

伊達文庫の絵図『所々御境目絵図』7点(県指定文化財)については、平成24年度から順次修復を実施してきましたが、このたび平成30年度をもって7点のすべての修復が完了しました。これを記念して、現在の宮城県域が描かれた絵図を中心に展示します。

・湯原跟合沢絵図(ゆのはらあくとあわせさわえず)

・越河石大仏之絵図(こすごういしだいぶつのえず) ほか

6 その他

宮城県図書館改称100周年記念展チラシ [PDFファイル/1.13MB]

・参考リンク:宮城県図書館

 


担当課への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)