ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農業農村振興宮城の秘境「ひっぽ」で「援農(集落応援)」&地域散策

宮城の秘境「ひっぽ」で「援農(集落応援)」&地域散策

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月5日更新
このリリースの担当課(所)
記者発表資料

令和元年8月5日
大河原地方振興事務所農業農村整備部計画調整班
担当:鈴木(智),鈴木(辰)
TEL:0224-53-2639

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

宮城の秘境「ひっぽ」で「援農(集落応援)」&地域散策

 

 『宮城の秘境』とも呼ばれる丸森町筆甫地区に援農に来ませんか!?

 丸森町筆甫地区は,高齢化率が53%を超える状況の中,特産品であるへそ大根のブランド化・太陽光発電事業・住民出資型店舗「ふでいち」の開業など,様々な地域づくりに取り組んでいる里山です。今回は筆甫特産である『へそ大根』を作るための大根種まき作業を支援してくださるボランティアを募集します。美しい自然と地域の方々とふれあいながら『援農(集落応援)&地域散策』に参加してみませんか?みなさまの参加をお待ちしております!

 

1 目的 

 丸森町筆甫地区の特産品「へそ大根」は,東日本大震災の影響を受け生産が一時中断していました。しかしその復活を目標に,筆甫地区では平成28年から本格的にへそ大根の生産を再開。栽培面積を少しずつ広げ,地域一丸となって特産品の復活に取り組んでいます。

 そこで,「へそ大根」づくりのための種まきボランティアを募ることにより地域産業の復活と発展,さらには参加者との交流を通じた集落の活性化を図る。また様々な地域づくりの取り組みについて地域散策を通じて紹介し,地域の魅力を発信する。

2 開催日時 

 令和元年8月24日(土曜日) 午前9時45分から午後3時30分まで

   

3 開催場所

 丸森町筆甫中区集落(筆甫まちづくりセンター集合)

 

4 主催等 

 主催 中区集落活性化委員会(中区集落/筆甫地区振興連絡協議会/丸森町/宮城県)

 

5 活動内容 

 大根の種まき作業と地域散策

   ・募集人数30人(人数に達し次第,募集締め切り。申込期限は8月21日)

  ・その他詳細は募集チラシ参照

  筆甫中区集落のボランティア募集チラシ [PDFファイル/950KB]

 


担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)