ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴女川町及び南三陸町でキャッシュレス決済導入実証事業を実施します

女川町及び南三陸町でキャッシュレス決済導入実証事業を実施します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月16日更新
担当課
記者発表資料

令和元年7月16日
富県宮城推進室
商工企画班
担当:川部,中村
内線:2791

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

 県では,インバウンド等の更なる誘客や消費税率引上げを見据え,県内でのキャッシュレスを推進し,地域内での消費拡大のほか,人手不足の解消など生産性の向上を図り,地域産業や観光の活性化を目指しています。このたび,今年度から新たに取り組んでいる「地域活性化型みやぎキャッシュレス推進事業」の一環として,QR決済をはじめとしたキャッシュレス決済導入実証事業を女川町及び南三陸町で実施することとなりましたので,お知らせします。

1 実証事業(キャンペーン)の概要

 実証地域でのキャッシュレス(※)の利用と周遊を促進するため,“女川×南三陸「巡る・繋がる」キャッシュレスキャンペーン”を実施するもの。両地域において,キャッシュレスでお買い物等をされた方の中から,抽選で300名様に地場産品をはじめとしたキャンペーン参加店舗自慢の品をプレゼント。
 また,併せて,実証前後における効果検証(キャッシュレス決済の導入店舗数や利用人数,現金・キャッシュレス割合の変化など)を実施。

キャッシュレスキャンペーンチラシ [PDFファイル/3.36MB]

※今回の実証事業では,クレジットカードや電子マネー,QRコードなど幅広い決済手法を対象としておりますが,店舗により使用可能な決済手法・サービスが異なりますので,店頭で御確認ください。

キャッシュレスキャンペーン画像

2 実証地域(キャンペーン参加店舗数)

女川町シーパルピア女川・ハマテラス(23店舗)

南三陸町さんさん商店街・ハマーレ歌津(19店舗)

3 実証期間

 令和元年8月1日(木曜日)から8月31日(土曜日)まで

4 実施体制

 実証事業の受託業者である株式会社日専連ライフサービスが,地元の女川みらい創造株式会社及び株式会社南三陸まちづくり未来と連携して実施。

<参考>

☆女川町及び南三陸町のほか,今後,県内2地域において,実証事業の実施を予定しております。

 (1)実施場所:県南地域,気仙沼地域

 (2)実施時期:10月頃を予定

☆県内全域を対象として,キャッシュレスの普及促進にも取り組んでおります。

 (1)店舗向けセミナーの開催

  6/26(水曜日)から7/24(水曜日)まで県内の各圏域で「インバウンド・キャッシュレス決済対応セミナー」を10回開催。

 (2)店舗向け勉強会等への講師派遣

  地域の実情・ニーズに応じて,講師を無料で派遣。

 (3)アクセプタンスツールの配布

  県内のキャッシュレス決済対応店舗に配布・掲出(3,000部作成)。

 (4)消費者向けキャッシュレスの普及啓発

  45万部発行の週間オーレ(10月,11月各1回)で普及啓発を実施。

 (5)訪日外国人の誘客

  中国・台湾・タイに向けたFacebook等の各種メディアを活用した情報発信を実施(12月を予定)。

アクセプタンスツール画像

アクセプタンスツール


担当課への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)