ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴コクガン観察会・講演会「志津川湾のコクガンを知ろう」を開催します(自然保護課)

コクガン観察会・講演会「志津川湾のコクガンを知ろう」を開催します(自然保護課)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月22日更新

記者発表資料
平成31年1月22日
自然保護課自然保護班
担当 荒木 内線 2672

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

このリリースの担当課(所)

コクガン観察会・講演会「志津川湾のコクガンを知ろう」を開催します

 平成30年10月に「志津川湾」が新たにラムサール条約湿地に登録されました。県では登録を記念して,コクガンの観察会及び講演会を開催します。

 志津川湾は,天然記念物で絶滅危惧種に指定されているコクガンが毎冬100~200羽やってきます。コクガンは世界に8,000羽ほどしか生息していないと言われている希少な水鳥です。

 コクガンを観察しながら,南三陸の豊かな自然や,まだ知られていないことが多いコクガンの生態について,二人の講師を招いてお話を伺います。

1 日時

平成31年1月26日土曜日 午前9時30分から正午まで

2 場所

南三陸・海のビジターセンター

3 主催

宮城県

4 内容

コクガン観察会   9時半から10時10分まで    

講演会        10時20分から正午まで  

  「南三陸の自然について」(南三陸ネイチャーセンター友の会 鈴木卓也会長)

  「南三陸沿岸のコクガンの生態について」(公益財団法人 宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団 嶋田哲郎 総括研究員)

5 その他

詳細は別紙チラシのとおりです。

1月22日現在,定員に達しました。

遠くは横浜市や弘前市在住の方からの申し込みがありました。

現在約70羽のコクガンが飛来しています。

 

記者発表資料 [PDFファイル/213KB]

チラシ [PDFファイル/462KB]

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)