ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす環境生活総務課平成30年7月豪雨災害に対する災害廃棄物処理支援チームの派遣について

平成30年7月豪雨災害に対する災害廃棄物処理支援チームの派遣について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月13日更新
このリリースの担当課(所)
記者発表資料

平成30年7月13日
環境生活部環境生活総務課
 担当:齋藤
 内線:2520
広域応援本部事務局
(総務部危機対策課)
 担当:伊藤
 内線:2381

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

平成30年7月豪雨災害に対する災害廃棄物処理支援チームの派遣について

 平成30年7月に発生した西日本を中心とする豪雨災害に関して,岡山県から災害廃棄物の早期適正処理のための派遣要請があったことから,東日本大震災の災害廃棄物処理経験がある職員等による「災害廃棄物処理支援チーム」を派遣します。

1 目的

 岡山県における災害廃棄物に関する初動対応として,処理対象量の推計や処理計画の策定等の業務を円滑に進め,早期適正処理を支援するものです。

<想定される主な活動内容>※被災地のニーズにより内容が変わる可能性あり。
・災害廃棄物発生量,処理対象量の推計
・基本方針,処理実行計画の策定
・広域処理の調整
・仮置場の確保     等

2 派遣期間

平成30年7月17日 火曜日 から当面の間
終期については,現地の状況等を踏まえて検討します。

3 派遣体制

東日本大震災対応時に災害廃棄物処理の関連業務に従事した職員で編成します。
1チーム4人程度とし,8日間を1クールとしてチーム員を交代します。

4 第1班の派遣

(1)派遣期間

 平成30年7月17日火曜日 から 平成30年7月24日火曜日 まで(8日間)
 (初日及び最終日は移動日のため,現地活動期間は6日間)

(2)派遣職員

 環境技術職2人,土木技術職1人,事務職2人 計5人

第1班 派遣職員一覧
所  属氏  名職 種 等
土木部理事兼次長笹出 陽康事務(リーダー)
保健福祉部 医療政策課副参事兼課長補佐(総括担当)後藤 正樹事務
土木部    大河原土木事務所技術主幹(班長)高橋 徹土木
環境生活部 放射性物質汚染廃棄物対策室技術主幹(班長)堀籠 洋一農芸化学
環境生活部 循環型社会推進課技師小野寺 貴之農芸化学

(3)出発日時

 平成30年7月17日 火曜日 午前8時 県庁正面玄関前 出発
 ※出発式は行いませんが,写真撮影等の取材は可能です。

記者発表資料 [PDFファイル/564KB] 

 


担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)