ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴県内8河川において洪水浸水想定区域を指定しました

県内8河川において洪水浸水想定区域を指定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月29日更新
担当課
記者発表資料

平成30年5月29日
土木部河川課企画調査班
担当 小野寺,津田
内線 3173

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

 

県内8河川において洪水浸水想定区域を指定しました

概要 

 宮城県では,平成27年5月の水防法改正を踏まえ,これまでの洪水浸水想定区域※1の見直しを進めており,新たに8河川について平成30年5月29日付けで指定し,告示しました。

 洪水浸水想定区域等を指定した河川は,表1のとおりです。

 今回の指定では,想定し得る最大規模の洪水により浸水が想定される区域と深さに加え,家屋倒壊等をもたらすような氾濫の発生が想定される区域を示した家屋倒壊等氾濫想定区域※2も公表しています。

 これらの情報により,市町村長による避難勧告等の適切な発令や住民等の主体的な避難の取り組みが進むことが期待されます。

 洪水浸水想定区域等は,浸水区域に含まれる市町村に通知され,当該市町村は今後,「早期の立退き避難が必要な区域」を示した洪水ハザードマップを作成することとなります。

 なお,関係図面は河川課のホームページでも公表します。

 ※1 洪水浸水想定区域とは
  水防法第14条第1項の規定により,対象とする河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域です。

 ※2 家屋倒壊等氾濫想定区域とは
  一定の条件下において,家屋の倒壊・流失をもたらすような堤防決壊に伴う激しい氾濫流や河岸浸食が発生することが想定される区域です。

洪水浸水想定区域図変更前後のイメージ図

表1 洪水浸水想定区域を指定した河川

河川

区域

増田川

左右岸 上町川合流点から海まで

鳴瀬川

左右岸 田川合流点から大臣管理区間境まで

多田川

左右岸 加美郡加美町山田橋から大臣管理区間境まで

渋井川

左右岸 大崎市台所橋から多田川合流点まで

江合川

左右岸 大崎市岩出山二ツ石堰から大臣管理区間境まで

田尻川

左右岸 大崎市国道四号橋から江合川合流点まで

砂押川

左右岸 多賀城市市川橋から海まで

高城川

左右岸 宮城郡松島町三陸自動車道から海まで

 


担当課への連絡

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。