ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業農林水産業全般 農林水産業全般仙台白百合女子大学と宮城県農林水産部との「みやぎの水産物普及活動に関する協定」

仙台白百合女子大学と宮城県農林水産部との「みやぎの水産物普及活動に関する協定」

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月6日更新
このリリースの担当課(所)
記者発表資料

平成29年2月6日
水産業振興課販路開拓支援班
担当:相澤,阿部
内線:2954

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

仙台白百合女子大学と宮城県農林水産部との「みやぎの水産物普及活動に関する協定」調印式について
 

 宮城県農林水産部では水産物の消費拡大・魚食普及に取り組んでおり、これまで仙台白百合女子大学とは校内PRをはじめ、小中学校の給食へホヤを取り入れる活動を協同で行うなど連携をしてきました。さらに連携を深め、より効果的な活動を行うために「みやぎの水産物普及活動」に係る連携協定を締結することになり、下記の日時に調印式を行いますので、是非取材下さいますようお願いします。

1 調印式について

(1)日 時:平成29年2月9日(木曜日)午前11時から11時30分まで

(2)場所:県庁行政庁舎9階第一会議室

(3)出席者:仙台白百合女子大学

        人間学部 学部長      槙石 多希子(まきいし たきこ)

        人間学部 健康栄養学科講師 氏家 幸子(うじいえ ゆきこ)

        学生6名

        宮城県農林水産部

        部長 後藤 康宏  次長 宮川 耕一  次長(技術担当)小林 徳光

        水産業振興課長 佐藤 靖

(4)内 容:協定調印式、仙台白百合女子大学の活動紹介

2 協定に基づく連携内容

(1)宮城県産水産物の消費拡大及び魚食の普及についての調査事業

(2)宮城県産水産物の消費拡大及び魚食普及のための資料の作成

(3)宮城県産水産物の消費拡大及び魚食普及に関する啓発活動

 

3 これまでの主な連携活動

(1)仙台白百合女子大学校内でのPR

(2)学校給食で使用可能にするための女川産ホヤの製品開発と(公財)宮城県学校給食会展示会2016での普及活動

(3)仙台市内の小学校(向山小、沖野小等)での食育教材「みやぎ魚合わせカード」を使用した食育授業の実施

 

<活動の様子>

1   仙台白百合女子大学校内でのPR

 

2(公財)宮城県学校給食会展示会2016ホヤを使った学校給食のPR

 

3仙台市内の小学校での食育教材「みやぎ魚合わせカード」を使用した食育授業

 


担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。