ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴インフルエンザの流行について(注意喚起)【疾病・感染症対策室】

インフルエンザの流行について(注意喚起)【疾病・感染症対策室】

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月31日更新
このリリースの担当課(所)
記者発表資料

平成31年1月31日
保健福祉部疾病・感染症対策室
担当:武田・大泉・大瀧
内線:2632

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

インフルエンザの流行について(注意喚起)

 平成31年1月31日現在,県が実施している感染症発生動向調査において,インフルエンザ患者報告数が過去10年で最も多くなっております。
 今後,県内全域においてさらに流行が拡大する可能性がありますので,個人・家庭・職場等において予防対策を徹底するとともに,38℃以上の発熱,咳,咽頭痛,頭痛,関節痛などの症状が見られた場合には,早期に医療機関を受診しましょう。

 詳細は下記ファイルを御参照ください。

インフルエンザの流行について(注意喚起) [PDFファイル/240KB]

 

 

 

 


担当課の連絡先

※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。
※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)