ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

監督処分について(事業管理課)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月20日更新
 
このリリースの担当課(所)

記者発表資料
平成29年9月20日
事業管理課建設業振興・指導班
担当 
千葉・五十嵐(内線3116)

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

 

監督処分について

 建設業法(昭和24年法律第100号)の規定に基づき,下記のとおり監督処分を行いましたのでお知らせします。

1 処分を受けた者に関する事項

1 商号又は名称 大森建業株式会社

2 代表者氏名  大森 裕司

3 主たる営業所の所在地 石巻市鹿又字新八幡前13番地   

2 処分に関する事項

1 処分年月日  平成29年9月20日

2 処分を行った者  宮城県知事

3 根拠法令  建設業法第29条第1項第5号

3 処分の内容

 一般建設業許可の取消し

4 処分の原因となった事実

 大森建業株式会社は,役員が平成26年8月21日に刑法第208条の罪により罰金刑を受けた。その後,平成27年8月25日に建設業法第8条各号の欠格要件に該当しない旨を記載した誓約書を提出し,平成27年10月9日に不正の手段により建設業許可を受けた。                                                                           このことは,建設業法第29条第1項第5号に該当する。

 

※ 参考

建設業法抜粋

第29条第1項(許可の取り消し)
  国土交通大臣又は都道府県知事は,その許可を受けた建設業者が次の各号のいずれかに
該当するときは,当該建設業者の許可を取り消さなければならない。
第29条第1項第5号
不正の手段により第3条第1項の許可(同条第3項の許可の更新を含む)を受けた場合