ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす税務課宮城一斉滞納整理強化月間について

宮城一斉滞納整理強化月間について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月1日更新

11月と12月は「宮城一斉滞納整理強化月間」です!

 県と市町村は,平成25年5月27日に宮城住民税徴収対策会議を開催し,県と市町村がタッグを組んで,復興財源確保のため,個人住民税の滞納額のさらなる縮減に向けて,滞納整理業務改善運動の推進などの取組みを共同で実施していくことを宣言しました。

 その取組みの一環として,毎年11月と12月を「宮城一斉滞納整理強化月間」に設定し,県と市町村が連携した徴収対策を集中して実施,周知することにより,徴収率の向上を図るとともに,納税に対する理解を深め,新規滞納の未然防止に努めます。

「宮城一斉滞納整理強化月間」取組内容

 

■実施期間

 毎年11月及び12月


■実施団体

 県及び県内全35市町村


■実施内容

 期間中,県と市町村が連携した広報や,共同催告・徴収,合同捜索,差し押さえ等を実施するとともに,各団体で多様な徴収対策を集中的に実施します。

【主な取組内容】

 ・文書催告,電話催告,訪問催告,県と市町村の共同催告等の強化・拡充

 ・差押え,タイヤロック,捜索等の滞納処分の強化・拡充

 ・宮城県市町村合同インターネット公売の実施

 ・ポスター掲示,卓上三角柱及びタペストリーの窓口等への設置

 ・広報誌やホームページ等による広報の実施など

ポスター

税金の納め忘れはありませんか?

 税金は,教育,保健衛生,上下水道,産業,警察,消防など,さまざまな行政サービスのほか,東日本大震災からの復興事業にも使われており,私たちの暮らしを支える大切な財源です。

 税金は納期限までに必ず納めましょう。

納期限内に納付しない場合は?

 納期限内に納付しない場合(滞納している場合)は,本来納めるべき税金のほかに,延滞金が加算されます。延滞金は日ごとに加算されますので,納期限を過ぎて納付していない税金がある場合には,速やかに納付しましょう。

 滞納が続く場合には,納期限までに納付した方との公平性を確保するため,法律の規定に基づき「滞納処分」が行われ,強制的に税金を徴収されることになります。

滞納整理の流れ 

 滞納整理は次の(1)~(5)の流れで行われます。

(1) 納期限経過

 納税通知書に記載されている納期限までに,税金が納付されない場合,「滞納」という扱いになります。

(2) 督促

 税金を滞納している場合「督促状」が送付されます。

 督促状とは,財産の差し押さえなどの滞納処分を実施するという予告的な文書です。

(3) 財産調査

 督促状を送付しても納付がない場合には,勤務先,取引先,金融機関などに対して財産の調査を行います。

(4) 差押・捜索

 財産調査で発見した財産(預貯金・給与・売掛金・不動産・動産など)を差し押さえます。

 また,必要に応じて,自宅などの捜索を行う場合もあります。

(5) 換価・公売

 預貯金・給与および売掛金は取り立てにより,不動産や動産は公売により,換価(換金)し,滞納している税金に充当します。

納税が困難な時はご相談を!

 特別な事情(災害・疾病・失業など)により,納期限内の納付が困難な場合は,管轄の県税事務所へご相談下さい。