ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

還付のご質問

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

1.還付金(隔地払)を受領する方法を教えてください。

 七十七銀行の本店及び各支店の窓口で受領できます。
 受領する際に必要となる書類は以下のとおりです。

  1. 還付通知書に付いている「支払通知書」
  2. 納税した方(納税義務者)の印鑑(認印可。ただし,スタンプ印は不可。)
  3. 実際に受領される方の身分証明書(運転免許証等)

 口座に振り込むこともできます。詳しくは還付通知書の裏面をご覧ください。 

2.代理人等が還付金を受領する際の手続きを教えてください。

 以下の書類を七十七銀行の窓口へお持ちください。

  1. 還付通知書に付いている「支払通知書」
  2. 実際に受領される方の印鑑(認印可。ただし,スタンプ印は不可。)
  3. 実際に受領される方の身分証明書(運転免許証等)

  なお,1の支払通知書には裏面の受領書欄に銀行で実際に受領する方の記名押印,委任状欄に通知を受けた本人の記名押印が必要です。 

3.転居しました。どのような手続きが必要ですか。

 以下の書類を七十七銀行の窓口で提示してください。

  • 支払通知書記載の住所から現住所までの履歴(つながり)が証明できるもの(住民票等)

 口座に振り込むこともできます。詳しくは還付通知書の裏面をご覧ください。
 納税通知書に記載された住所と現在の住所等が異なる場合,金融機関窓口で本人確認ができず還付金が受領できない場合がありますのでご注意ください。

 還付通知書を受領する前に住所変更した場合,自動車の抹消登録をした月内であれば,住民票等を確認して新住所で還付通知書を送付することができます。詳しくは県税事務所にお問い合わせください。

4.結婚等により姓が変わった場合,どのような手続きが必要ですか。

 以下の書類を七十七銀行の窓口で提示してください。

  • 「支払通知書」に記載された旧姓と新姓の両方がわかる証明となるもの(戸籍謄本等)

 納税通知書に記載された旧姓と現在の姓等が異なる場合,金融機関窓口で本人確認ができず還付金が受領できない場合がありますのでご注意ください。
 口座に振り込むこともできます。詳しくは還付通知書の裏面をご覧ください。

5.受取人が死亡しています。どのような手続きが必要ですか。

 以下の書類を県税事務所に提出してください。相続人の銀行口座に振り込みいたします。

  1. 還付通知書に付いている「支払通知書」
  2. 過誤納金等還付請求権の相続申立書[PDFファイル/11KB]
  3. 「亡くなられた受取人の相続人であることを証明できる戸籍謄本」

  七十七銀行の窓口では受領できませんのでご注意ください。 

6.還付通知書をなくしました。還付金を受領することはできますか。

 「紛失届兼還付金支払請求書[PDFファイル/4.2KB]」を還付通知書を発行した県税事務所に提出してください。
 通知を受けた本人の銀行口座に振り込みいたします。
 七十七銀行の窓口では受領できませんのでご注意ください。 

7.一昨年に発行された還付通知書を発見しました。還付金を受け取れますか。

 還付通知書を発行した県税事務所に連絡し,通知書の左上部に記載された通知番号をお知らせください。
 発行日から1年以上経過すると,七十七銀行の窓口では受領できませんのでご注意ください。
 なお,発行から5年を経過すると還付金を受領する権利が時効により消滅しますので,お早めに手続き願います。  

8.自動車の登録の抹消を業者に依頼しましたが、還付通知が届きません。

 登録の抹消の手続きが完了しているか,依頼した業者に確認してください。
 なお,還付金について「債権譲渡通知書
[PDFファイル/8.5KB]」を提出している場合は還付通知はなされません。依頼した業者に確認してください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)