ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす子育て・教育生涯学習生涯学習野外教育施設ボランティア養成講座(第1期)を実施しました!

野外教育施設ボランティア養成講座(第1期)を実施しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月24日更新

5月13日(土曜日)~14日(日曜日)の1泊2日の日程で,野外教育施設ボランティア養成講座の第1期を実施しました。

18名の学生・社会人が参加し,さまざまな実践的な研修を行い,野外教育施設のボランティアとしてのスキルアップを目指して熱心に励みました。

開講式 ~ であいのつどい

入所時の受入方について,実践を通しながら支援の在り方を学びました。

所長ロケットあいさつ指揮

掲揚 係 指揮2

「講義…ボランティアの心構え」

〇ボランティア概論,自然の家が目指す姿や生活指標等について本所所長が講義を行いました。参加者の皆さんはメモを取りながら真剣に聴き入っていました。

  所長1ロケット所長3 

「春山登山」(雨天のため予定変更)

〇あいにくの雨のため,当初予定してた登山を変更し,野鳥の森の自然観察・蔵王山等の成り立ち(講義)について学びました。宮城蔵王ガイド協会の佐藤博泰氏,登山ボランティアの高橋 久氏を講師としてお迎えし,午前から午後にかけて蔵王の植物の様子や地形についての,深い学びの時間を提供していただきました。

ひろやす1ひさし1樹幹流

樹木 ひろやす2 ひさし2

「空き缶ランタン作り」

 〇夕食前,最後の研修は空き缶ランタン作りに取り組みました。ナイトハイキングで使うためのものです。工作自体は簡単ですが,燃料となる油と凝固剤の割合が難しかったようです。

 らんたん1 らんらん2 らんたん3

「KYT」~「ナイトハイキング」~「ワークショップ」

〇夕食後の研修は,危険予知トレーニングから始まりました。空き缶ランタンを使ったナイトハイキングについての留意点について意見を出し合いました。KYTの次はナイトハイキングを実施しました。(雨天なので「館内ナイトハイキング」)
 実際にランタンを持って歩くことで,新たな発見があったようです。最後のワークショップでは次回の支援(主催事業:満喫蔵王の春)に向けて班ごとの考えを発表し,1日目のプログラムを終了しました。

KYT1はいく1はいく2

はいく3はいく4はいく5
 
WS1 WS2 はいく6

2日目
 「森林ハイキング」

〇2日目の朝は,森林インストラクターの川村氏・伊藤氏を迎えての,森林ハイキングでした。
   前日までの雨も収まり,しっとりとした空気の中,すばらしい朝のハイキングとすることができました。
  野鳥の森の番人とも言えるお二人の植物や動物に関わるお話は,とても興味深く,機知に富んだ内容でした。
いとう1 かわむら1 はいきんぐ3

 「エコクッキング・野外炊飯」

えこ1 えこ2 えこ5

えこ4 みんな BBQ

〇最終研修は,エコクッキング&野外炊飯(BBQ)でした。
〇野外炊飯…今年度の利用団体に大人気のBBQ。参加者皆でワイワイと盛り上がりながら野外炊飯のルーツを感じながら舌鼓を打ちました。
〇エコクッキング…空き缶を加工した五徳(鍋等を乗せる台)に,昨日作製したランタンの下部(燃料部分)を切り取った再利用品を合体してお湯を沸かしました。さらに,ポリ袋を使った蒸しパン作りも行い,予想外?!のおいしさに参加者も大喜びでした。

集合最後

この2日間の研修を通し,参加した学生たちは,野外活動施設のアシスタントの役割の大切さを再認識し,実際にアシスタントとして活動してみたいという意欲をさらに高めたようでした。