ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす薬務課宮城県薬物乱用対策有識者会議 公募委員募集について

宮城県薬物乱用対策有識者会議 公募委員募集について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月5日更新

 宮城県薬物乱用対策有識者会議

公募委員募集について

  公募要領 [Wordファイル/17KB]

1.趣旨

  宮城県では,薬物乱用対策の推進に当たり,広く県民の意見を反映させるため,また,宮城県薬物の濫用の防止に関する条例(平成27年条例第69号)第12条に規定される組織として,県民,医師,学識経験者,事業者,民間団体等で構成する宮城県薬物乱用対策有識者会議を設置しています。

 今回,当会議委員の改選に伴い,委員の公募を実施するものです。

 
 

2.募集人数

  1名

3.募集期間

   平成30年5月1日(火曜日)から平成30年5月31日(木曜日)まで

4.応募資格

  次のすべてに該当する方。ただし,国や地方公共団体の職員は除きます。

  1. 宮城県内に在住又は在勤・在学している18歳以上の方
  2. 年1~2回程度,平日に仙台市内で開催される会議に出席できる方

5.応募方法

  応募用紙(宮城県保健福祉部薬務課で配布。同課ホームページからもダウンロードできます。)に必要事項を記入し,宮城県の薬物乱用対策についての意見等をまとめた意見書(様式自由)を添付して,下記(1)~(2)に御留意の上,県保健福祉部薬務課に直接持参又は郵送又は電子メールにより提出してください。

(1)直接持参いただく場合は,開庁日の午前9時から午後5時までにお願いします。郵送の場合は,平成30年5月31日(木曜日)消印有効とします。電子メールの場合は,平成30年5月31日必着とします。

(2)応募書類については返却しませんので,あらかじめ御了承ください。

応募用紙等はこちらダウンロードできます。

6.選考方法及び結果通知

 選考委員会で選考の上決定し,平成30年7月中(予定)に応募者全員に通知します。

7.任期・報酬等

  任期は,委員委嘱日から2年間です。

  委員には,宮城県条例の規定により報酬及び交通費相当額が支給されます。

8.問い合わせ先及び応募書類の提出先

  宮城県保健福祉部薬務課監視麻薬班

  〒980-8570 仙台市青葉区本町三丁目8番1号

    電話:022-211-2653    Fax:022-211-2490 Mail:yakumu-k@pref.miyagi.lg.jp