ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす健康・福祉医薬・薬物医薬東北薬科大学生が薬剤師の卵として献血ルームを見学しました

東北薬科大学生が薬剤師の卵として献血ルームを見学しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月21日更新

東北薬科大学生が薬剤師の卵として献血ルームを見学しました  

平成26年8月21日、東北薬科大学生5名が薬務課でインターンシップ実習を行いました。

薬務課で行っている献血事業を説明し、より献血に理解を深めてもらうため、献血ルームアエル20の見学と献血を行いました。

20階なので見晴らしが良く、開放的な献血ルームです。

献血ルーム

献血について、宮城県赤十字血液センターさんから説明をしていただきました。

説明画像

実際に献血をしました。受付・問診はタッチパネル画面で行います。

受付画像 受付画像 

採血は20分ぐらいで終了です(全血400mL)。成分献血なら、40~90分ぐらいかかります。

献血説明中

献血終了後は水分補給して休憩します。献血ルームアエル20では、飲み物・お菓子・アイス(平日はハーゲンダッツアイスクリーム)が頂けます。

休憩所 お菓子 アイス

ハーゲンダッツアイスクリームは、抹茶・イチゴ・バニラから選べます。

学生の中には、献血初体験の人も居ましたが、「思っていたよりも、痛くなかった。」とのことです。

献血事業の意義について、身をもって体験していただきました。

《献血ができるところ》

  1. 献血ルームアエル20(AER20階) 電話022-711-2090
  2. 杜の都献血ルームAOBA(仙台三越店向かいTICビル6階) 電話022-738-9101
  3. 県内各地を巡回している献血バス

宮城県赤十字血液センター