ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす健康・福祉医薬・薬物医薬東北薬科大学生が薬剤師の卵として献血ルームを見学しました

東北薬科大学生が薬剤師の卵として献血ルームを見学しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月5日更新

平成27年8月5日、東北薬科大学生2名が薬務課でインターンシップ実習を行いました。

薬務課で行っている献血事業を説明し、より献血に理解を深めてもらうため杜の都献血ルームAOBA(仙台三越店向かいTICビル6階)の見学を行いました。

献血について、宮城県赤十字血液センターより説明をしていただきました。

 血液センターより説明を受ける 採血室の様子

採血室の隣には、お子様連れの方でも安心して献血ができるようにキッズルームも整備しています。

 キッズルームの様子

献血終了後の休憩室には、オープンテラスがあり開放的です。

 オープンテラスの様子  休憩室の様子

本日も、多数の方に献血のご協力頂いておりました。

献血経験のない実習生もいましたが、今後は積極的に献血に協力して行きたいとのことでした。

 

<宮城県で献血が出来るところ>

・献血ルームアエル20(AER20階) 電話022-711-2090

・杜の都献血ルームAOBA(仙台三越店向かいTICビル6階) 電話022-738-9101

・県内各地を巡回している献血バス

宮城県赤十字血液センター