ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「医薬分業」とは

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月1日更新

69 「医薬分業」とは

1 「医薬分業」制度の概要
  医薬分業とは,病院や診療所の医師が患者さんに直接薬を渡さない代わりに薬の名前や使用法を書いた処方せんを発行し,患者さんはそれを街の薬局に持ち込むことにより薬剤師に調剤をしてもらい,薬を受け取る方式のことです。
 
2 薬を受け取るまでの手順
薬を受け取るまでの手順
3 医薬分業のメリット  (1) 医師と薬剤師の二人の専門家が,医薬品の使用をダブルチェックすることにより,薬の効果や安全性を一層高めることができます。
 (2) 薬剤師の薬歴管理(薬の使用記録)により薬の重複や飲み合わせ等を確認します。
 (3) 薬剤師が調剤された薬や大衆薬までわかりやすく説明します。