ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす統計課人口移動調査の利用について

人口移動調査の利用について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月12日更新

1 推計人口

推計人口は,直近の国勢調査人口を基礎とし,これに毎月の住民基本台帳及の移動を加減して算出しています。
推計人口=国勢調査確定人口+住民基本台帳に基づく日本人及び外国人の自然増減(出生-死亡)+住民基本台帳に基づく日本人及び外国人の社会増減(転入-転出)

2 住民基本台帳人口及び世帯数

住民基本台帳人口及び世帯数は,県の人口及び世帯数の移動状況を明らかにするため,毎月市町村長から住民基本台帳法に基づく移動者数について,報告を得ているものをまとめたものです。
国勢調査とは違い,住民基本台帳に登録されている人を対象としています。

3 国勢調査

国勢調査は,5年ごとに実施する国の最も基本的な統計調査で我が国にふだん住んでいる人すべてが対象となっています。
国勢調査は,調査時において,本邦内に常住している者について調査します。ここで「常住している者」とは,当該住居に3か月以上にわたって住んでいるか,又は住むことになっている者をいい,3か月以上にわたって住んでいる住居又は住むことになっている住居のない者は,調査時現在居た場所に「常住している者」とみなしています。