ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす統計課統計データ/住民基本台帳人口及び世帯数(年報)

統計データ/住民基本台帳人口及び世帯数(年報)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月28日更新

住民基本台帳に基づく人口移動調査年報の概要(平成28年12月末現在)

1 概況

住民基本台帳に基づく平成28年12月末現在の本県の人口(日本人及び外国人)は,231万9437人(男性113万1759人,女性118万7678人)で平成28年の1年間に5032人(▲0.22%)減少した。

このうち日本人の人口は,230万473人(男性112万2993人,女性117万7480人)で,平成28年の1年間に6616人(▲0.29%)減少し,3年連続の減少となった。

外国人の人口は,1万8964人(男性8766人,女性1万198人)で平成28年の1年間に1584人(9.11%)増加した。

2 市町村別の状況

  • 人口増減状況を市町村別にみると,この1年間に人口が増加したのは7市町村(5市1町1村)で人口が減少したのは28市町(9市19町)となった。
  • 人口増加率は,大和町(1.34%),名取市(0.93%),大衡村(0.67%)などで高い。
  • 人口減少率は,南三陸町(▲2.01%),色麻町(▲1.96%),女川町(▲1.81%)などで高い。

3 自然動態

(1) 日本人

  • 出生者数は1万7463人(男性8975人,女性8488人)で,前年と比べ680人減少し,死亡者数は2万3542人(男性1万2027人,女性1万1515人)で,前年と比べ228人増加した。
  • 出生者数から死亡者数を差し引いた自然増減数は6079人(▲0.26%)の減少となった。
  • 出生率は前年比0.27ポイント上昇し7.59‰,死亡率は0.12ポイント上昇し10.23‰となった。

(2) 外国人

  • 出生者数は107人(男性53人,女性54人)で,前年と比べ15人増加し,死亡者数は38人(男性15人,女性23人)で前年と比べ3人増加した。
  • 出生者数から死亡者数を差し引いた自然増減数は69人(0.40%)の増加となった。
  • 出生率は前年比0.35ポイント上昇し5.64‰,死亡率は0.01ポイント低下し2.00‰となった。

4 社会動態

(1) 日本人

  • 転入者数は10万5960人で,前年と比べ4994人減少し,転出者数は10万6497人で,前年と比べ4376人の減少となった。
  • 転入者数から転出者数を差し引いた社会増減数は537人(▲0.02%)の減少となり,5年ぶりの社会減となった。
  • 転入率は前年比0.20ポイント下降の4.61%となり,転出率は前年比0.18ポイント下降の4.63%となった。
  • 年間の転入者数と転出者数を合わせた移動者数の合計は21万2457人で,移動率(総人口に対する移動者の比率)は9.24%となり,前年より0.38ポイント下降した。

(2) 外国人

  • 転入者数は7048人で,前年と比べ451人増加し,転出者数は5533人で,前年と比べ305人の増加となった。
  • 転入者数から転出者数を差し引いた社会増減数は1515人(8.72%)の増加となった。
  • 転入率は前年比0.79ポイント下降の37.17%となり,転出率は0.90ポイント下降の29.18%となった。
  • 年間の転入者数と転出者数を合わせた移動者数の合計は1万2581人で,移動率(総人口に対する移動者数の比率)は66.34%となり,前年より1.70%下落した。

 ※平成27年12月分に係る『住民基本台帳に基づく宮城県の人口移動調査年報』の外国人世帯数について,色麻町の訂正があったため関連情報(PDFファイル及びEXCELファイル),宮城県住民基本台帳人口及び世帯数の推移(EXCEL形式)の数値を訂正しています。(平成28年3月17日)                                                            

関連情報

宮城県住民基本台帳人口及び世帯数の推移(EXCEL形式)

※なお,このページに掲載していない過去の統計表は,県庁地下1階の「県政情報センター」で閲覧できます。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)