ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす統計課平成28年度学校保健統計調査結果概要

平成28年度学校保健統計調査結果概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月20日更新

データをご利用される際は “ こちら ” をご覧ください。

平成28年度学校保健統計調査結果概要 

   この概要(速報)は,平成28年度に文部科学省が実施した学校保健統計調査(基幹統計:統計法第2条)の結果に

   基づき,本県の幼児,児童及び生徒の体格並びに疾病・異常被患率についてまとめたものです。

発育状態(身長・体重)

   平成28年度の小学校,中学校,高等学校及び幼稚園の男子・女子の宮城県平均値,全国平均値及び

   その全国順位については,第1表のとおりです。

身長

   男女ともにほぼ全ての学年で,全国平均値を上回っています。

   全国順位では,男子の幼稚園児,男子の高等学校1年生が全国1位となっています。

体重

   男女ともに全ての学年で,全国平均値を上回っています。

   全国順位では,男子の幼稚園児,男子の小学校6年生,女子の中学校1年生が全国1位となっています。

 

発育状態(身長,体重)        

   注1 年齢は平成28年4月1日現在の満年齢。
   注2 下線部分は調査実施以来の最高値(同数値)を示す。
   注3 「差」は宮城県値からと全国値を引いた差である。
   注4 順位は宮城県平均値の全国順位である。

 

肥満傾向児及び痩身傾向児の出現率

  肥満傾向児及び痩身傾向児の出現率については,第3表及び第4表のとおりです。

肥満傾向児

  男女ともにほぼ全ての学年で,全国値より高くなっています。

  全国順位では,男子は小学校1年生,小学校6年生,中学校2年生が全国2位となっています。

  女子は,小学校3年生、中学校2年生が全国2位となっています。

痩身傾向児

  全国順位では,男子の小学校3年生が全国2位,女子の小学校1年生が全国1位となっています。

 

肥満傾向児及び痩身傾向児の出現率

    注1 肥満傾向児とは,性別・年齢別・身長別標準体重から肥満度を求め,肥満度が20%以上の者をいう。
    注2 痩身傾向児とは,性別・年齢別・身長別標準体重から肥満度を求め,肥満度が-20%以下の者をいう。
        肥満度=(実測体重-身長別標準体重)/身長別標準体重×100(%)
    注3 「-」は係数を入手していないもの及び該当がないもの   

健康状態(疾病・異常の有無)

   主な疾病・異常の被患率の全国値との比較については,第5表のとおりです。

   むし歯(う歯)は,全ての学校種別において全国値より高くなっています。

主な疾病・異常被患率の比較    

   注1 「-」は調査を実施していないもの,係数を入手していないもの及び該当のないもの。
   注2 「0.0」は単位未満のもの。
   注3 「X」は疾病・異常被患率等の標準誤差が5以上,受検者数が100人(5歳は50人)未満,

       回答数が1校以下又は疾病・異常被患率が100%のため統計数値を公表しないもの。 
   注4 「心電図異常」については,小学校1年生,中学校1年生及び高等学校1年生のみ調査を実施している。
   注5 数値は小数点以下第2位を四捨五入しているため,差の値が合わない場合がある。

 調査結果の詳細については下記の資料をご覧ください。

平成28年度学校保健統計調査速報 [Excelファイル/592KB]

平成28年度学校保健統計調査速報 [PDFファイル/1.95MB]

 ※全国調査の結果はこちら(文部科学省 学校保健統計調査HP)よりご覧ください。

ここからお問い合わせ先


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)