ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす都市計画課多賀城地区連続立体交差事業

多賀城地区連続立体交差事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

多賀城駅高架切替記念式典

宮城県では,JR仙石線の多賀城地区連続立体交差事業を進めており,平成24年4月8日に下り線の高架切換が完了したことから,同日,多賀城市主催の記念式典を開催しました。

記念式典には,村井嘉浩宮城県知事,菊地健次郎多賀城市長,里見雅行東日本旅客鉄道(株)取締役仙台支社長など,約100名が参加しました。

JR仙石線多賀城駅周辺は,仙石線の踏切による交通渋滞や中心市街地の分断が,まちの発展に大きな障害となっていました。このため,平成16年度からJR仙石線多賀城駅付近の約1.8km区間の鉄道を高架化する連続立体交差事業を進めており,平成21年11月29日に上り線の高架化が完了し,今回,下り線の高架切換を行うことで,4箇所の踏切遮断が解消され,多賀城駅周辺のスムーズな交通の流れが確保されるようになります。

なお,引き続き,多賀城駅部の下り線を高架化する工事を進め,早期の全面開業を目指して参ります。

多賀城駅高架切替記念式典風景の表
  多賀城地区連続立体交差事業区間切り換え図
事業区間

切り替え図

記念式典記念式典(多賀城駅下り線 ホーム)
記念式典の様子記念式典(ホーム)
下り線 (高架化完了後)下り線 踏切解放状況
下り線踏切解放の様子

「連続立体交差事業進捗状況」(仙台土木事務所)

「多賀城駅周辺整備計画」(多賀城市)

「仙石線多賀城駅の新しい駅舎デザインについて」

 

 

「都市計画課」トップページへ戻る