ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす子育て・教育生涯学習生涯学習第10次宮城県生涯学習審議会『地域の力を活用した学びの場の充実と「学びと実践の循環」の仕組みづくり』(答申中間案)に対する御意見の募集等(パブリックコメント)の実施について

第10次宮城県生涯学習審議会『地域の力を活用した学びの場の充実と「学びと実践の循環」の仕組みづくり』(答申中間案)に対する御意見の募集等(パブリックコメント)の実施について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月18日更新

 第9次宮城県生涯学習審議会の答申において,住民相互の学び合いの成果を地域に還元し,活動や学びにつなげていく「学びと実践の循環」の中で,将来を担う子どもや地域を担う人材を育てていくことを地域活性化の原動力とし,学びを核としてコミュニティを再生する「創造的な復興」を実現することが,今後,本県が目指す生涯学習の姿であるとの提言がなされました。

 その実現に向けて,平成29年2月に県教育委員会は,第10次宮城県生涯学習審議会に対し,『地域の力を活用した学びの場の充実と「学びと実践の循環」の仕組みづくり』について諮問しました。第10次宮城県生涯学習審議会では,関係機関が協働し,生涯を通して学ぶことができる環境の充実とその成果を活用できる社会の実現に向けた具体的方策について検討を行い,このたび,答申中間案を取りまとめました。

 同審議会では,引き続き審議を行い,今年11月頃に答申として取りまとめる予定としており,今後の審議の参考とするため,答申中間案に対する県民の皆様の御意見・御提案等を募集します。

1 公表する案の名称

   地域の力を活用した学びの場の充実と「学びと実践の循環」の仕組みづくり(答申中間案)

2 公表する関係資料

   地域の力を活用した学びの場の充実と「学びと実践の循環」の仕組みづくり(答申中間案) [PDFファイル/477KB]

   地域の力を活用した学びの場の充実と「学びと実践の循環」の仕組みづくり(答申中間案の概要) [PDFファイル/1.31MB]

   回答様式 [Wordファイル/22KB]

 

3 関係資料の公表場所

  • 宮城県教育庁生涯学習課ウェブページ
  • 宮城県教育庁生涯学習課(県庁行政庁舎15階)
  • 県政情報センター(県庁行政庁舎地下1階)
  • 各地方振興(地域)事務所県政情報コーナー(仙台地域振興事務所を除く)

4 御意見の提出及び問合せ先

   宮城県教育庁生涯学習課 生涯学習振興班

    〒980-8423 宮城県仙台市青葉区本町三丁目8-1

   FAX:022-211-3697

   E-mail:syogakl@pref.miyagi.lg.jp

   電話:022-211-3652(電話による意見提出はできません)  

5 御意見の提出方法

  • 電子メール,ファクシミリ,郵便
  • 回答様式をご利用ください。
  • 必ず,住所,氏名(団体・企業の場合はその名称及び代表者の氏名),電話番号を記載してください。記載のない場合は,御意見として考慮することができません。
  • 御意見の提出は日本語に限ります。

6 御意見の募集期間

   平成30年9月18日(火曜日)から平成30年10月17日(水曜日) 

   なお,郵便については当日消印有効です。

7 今後の予定

   県民の皆様から頂いた御意見等とそれに対する宮城県の考え方につきましては,11月頃に答申の成案と併せて上記「3 関係資料の公表場所」にて公表する予定です。

8 その他

   県民の皆様から頂いた御意見に対しては,個別に回答することはありません。また,御意見等に記載された氏名(団体・企業名)等については,公表する場合があります。 

     

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)