ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす障害福祉課新拓桃医療療育センター・拓桃支援学校整備事業

新拓桃医療療育センター・拓桃支援学校整備事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月2日更新

新拓桃イメージ(新)図です


 昭和30年9月に 「宮城県整肢拓桃園」 として設置された県立医療型障害児入所施設 「宮城県拓桃医療療育センター」 は、施設設備の老朽化が著しく、施設運営に支障をきたしていることから、平成22年4月に 「宮城県拓桃医療療育センターあり方検討懇話会」 を設置し、今後の施設整備のあり方について検討を進めてきました。
 その結果、当懇話会から 地方独立行政法人宮城県立こども病院 との一体的な機能連携を前提に整備すべきとの方向性が示されたことから、この検討結果を踏まえ、宮城県立こども病院に隣接して整備することとなりました。

 また、拓桃医療療育センターに入院(入所)する児童生徒が通う、「宮城県立拓桃支援学校」についても併せて整備します。

宮城県拓桃医療療育センターの運営主体の変更について

 平成27年4月1日から、宮城県拓桃医療療育センターは地方独立行政法人宮城県立こども病院が運営することになりました。

宮城県拓桃医療療育センターあり方検討懇話会

 県では、宮城県拓桃医療療育センターの今後のあり方について、学識経験者、医療・福祉関係者及び拓桃利用者の意見の聴取を行うために、「宮城県拓桃医療療育センターあり方検討懇話会」を設置し、平成22年4月から計6回にわたり会議を開催しました。

 同懇話会の検討結果として取りまとめられた報告書が,平成22年11月4日に知事へ提出されました。

 →報告書等掲載ページへ


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)