ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

消費生活セミナーを開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月12日更新

 

18歳から成人に!若者への消費者教育を考える

 消費活動は社会経済活動の中で大きなウエイトを占めており、消費者は、社会経済情勢等に将来にわたり影響を及ぼし得る存在として、主体的に消費者市民社会の形成に参画することが求められています。このような状況の中、成年年齢が引き下げられることになり、18歳から19歳の若年層は、未成年者取消権が行使できなくなるなど、消費者被害が拡大する懸念が生じています。

 本セミナーでは、成年年齢引き下げに伴い、消費者市民社会の一翼を担う若い消費者とその関係者に及ぼす様々な影響に対して、学校現場等でどう対応していくべきかについて考えます。

 開催日時・場所・定員

 1 日時 平成30年7月31日(火曜日) 

        午後1時30分から午後3時50分まで

 2 場所 宮城県行政庁舎2階講堂(仙台市青葉区本町3丁目8番1号)

 3 定員 200名(先着順),参加無料

 内容

 1  基調講演

     演題:「成年年齢引き下げ~若者とその関係者への影響と備え~」 

     講師:青山学院大学法務研究科 教授 河上 正二 氏(前 内閣府消費者委員会委員長)      

 2 パネルディスカッション

   テーマ:18歳から成人に!若者への消費者教育を考える

   コーディネータ:青山学院大学法務研究科 教授 河上 正二 氏

   パネリスト:仙台弁護士会 弁護士 大泉 力也 氏

         宮城県松山高等学校 校長 徳能 順子 氏

         宮城県宮城広瀬高等学校 教諭 佐藤 静江 氏(27年度、28年度 金融広報委員会 金融教育研究校)  

 申込方法

  次のいずれかの方法でお申込みください。定員になり次第締め切りとさせていただきますので,お早めにお申込みください。

 1  電子メール

  件名に「消費生活セミナー申込」と記入し,本文に氏名、所属、連絡先電話番号を記入し送信してください。

  電子メールアドレス syoubuns@pref.miyagi.lg.jp

 2  FAX

   下記のチラシ裏面申込書に必要事項を記入し,送信してください。

   ファックス番号 022-211-2959

 ​ ・入場整理券等は発行しませんので,お申し込みいただいた方は直接会場へお越しください。

​  ・定員に達し,御参加いただけない場合は,個別に御連絡をさしあげます。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)