ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・環境 > くらし > 消費生活 > 消費生活センターをかたる電話や郵便にご注意ください!

消費生活センターをかたる電話や郵便にご注意ください!

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月19日更新

消費生活センターをかたる業者にご用心!

消費生活センターをかたる電話がかかってきたり、郵便がとどいたりしたという相談がよせられています。
公的な機関の名前を聞くと本当のような気がしますが、個人情報を教えたり、契約したりする前に自分で調べた連絡先に問い合わせましょう。

こんな相談がありました

・消費生活センターのような名前のところから突然携帯に電話があった。「何かトラブルはありませんか?」と言われたが、センターを利用したこともなく、なぜこのような電話がきたのか全く心当たりがない。

・自宅に公的機関のような所から過去の被害金を回復するようなことが書かれた封書が届いた。不審に思い記載されていた電話番号に電話すると「消費生活センターに依頼されて封書を送っている。」と言われた。センターではそのようなことをしているのか?

アドバイス

・消費生活センターが過去に相談を受けたことがない人に対して電話をかけることはありません。また、被害回復の依頼を勝手におこなうこともありません。

・そのような話があれば、相手を信じないで無視してください。

・不審な電話や郵便物が届いた場合は、相手に教えられた番号ではなく、消費者ホットライン(0570-064-370)か、県消費生活センター、県民サービスセンター、お住まいの地域の消費生活相談窓口に電話してください。

※消費者ホットライン・・・お住まいの地域の今繋がる消費生活の相談窓口に繋がります。

関連するホームページ

国民生活センターをかたる電話やパンフレットにご注意ください! (国民生活センター)