ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす消防課消火器の不適正な訪問点検にご注意!

消火器の不適正な訪問点検にご注意!

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

消化器の不適正な訪問点検・販売にご注意ください。

 各地で消火器の不適正な点検や、高額請求の被害が多発しています。ご注意ください。

チラシ1(消火器の訪問点検にご注意!)チラシ2(高額請求・不適正な点検。訪問点検にご注意)チラシ3(消火器の訪問点検によるトラブルにご用心)チラシ4(消火器の訪問点検による高額請求にご用心)

事業所のみなさんへ

  「これから点検に行きます」「ここにサインしてください」…… ちょっと待って!!その業者、契約している点検業者さんですか?
 これら不適正取引をする業者は、出入りの点検業者を巧妙に装い、あいまいなままサインさせると、あっという間に消火器をかき集め薬剤の詰め替え等を行い、高額な費用を請求してきます。

ご家庭のみなさんへ

  「消防署から来ました。」「消防署から頼まれた」……消防署や市町村・県では、消火器の販売は行っていませんよ!
  「この消火器は古いから交換しなきゃダメ」「一般家庭にも設置義務がある」…そりゃぁ、「古いまんま」は良くないけれど。「義務」ではないし、「罰則」もありません。

トラブル防止のポイント

  • 身分証明書等の提示を求める。
  • はっきりと点検を拒否する。
  • 契約書にハンコを押さない。

もし点検の承諾をしてしまっても

  • 請求金額の値引きを要求すると、契約を認めることになるので言わない。 
  • 料金をその場で支払ったり、払う約束は絶対にしない。
  • 点検業者の紛らわしい表現等に対して、契約の無効を主張する。

  不適正な点検や高額請求する点検業者が、居直ったり脅迫的な言動に出たときは、近くの警察署・消防署に通報してください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)