ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす消防課住宅火災を防ぎましょう !

住宅火災を防ぎましょう !

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

住宅火災を防ぎましょう! 

住宅防火いのちを守る7つのポイント -3つの習慣・4つの対策-

 3つの習慣

  1. 寝たばこは,絶対やめる。
  2. ストーブは,燃えやすいものから離れた位置で使用する。
  3. ガスコンロなどのそばを離れるときは,必ず火を消す。

 4つの対策

  1. 逃げ遅れを防ぐために,住宅用火災警報器を設置する。
  2. 具・衣類及びカーテンからの火災を防ぐために,防炎品を使用する。
  3. 火災を小さいうちに消すために,住宅用消火器等を設置する。
  4. お年寄りや身体の不自由な人を守るために,隣近所の協力体制をつくる。

放火の被害に遭わないために!

  県内の火災の原因の第一位は、平成元年から連続して「放火・放火の疑い」によるものです。 
 次の点に注意して放火されないようにしましょう!

  1. 家の周りにある燃えやすいものは整理整頓し、ゴミは指定日の決められた時間に出す。
  2. 物置や車庫には鍵をかけ、簡単に出入りできないようにする。
  3. 外出する時や就寝の前には、家や物置などの戸締まりを確認する。
  4. 長い間留守にする時には、隣近所に一声かける。
  5. アパートやマンションでは、廊下や階段などに燃えやすいものは置かない。
  6. 自動車やオートバイのボディカバーには、「防炎製品」を使用する。
  7. 外灯などを点け、家の周りを明るくして警戒する。

出火原因のグラフ

 

 

本文ここまでです