ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす食産業振興課平成27年度「食材王国みやぎ」推進優良活動表彰の結果について

平成27年度「食材王国みやぎ」推進優良活動表彰の結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月12日更新

平成27年度「食材王国みやぎ」推進優良活動表彰

 地産地消部門14事例,ブランド化部門8事例がエントリーされ,6事例が表彰を受けました。

 表彰式の様子

平成27年度表彰事例の紹介

ブランド化部門

【大賞】農業生産法人株式会社GRA

 <山元町産いちごの全国ブランド化

 いちご栽培中の環境データを解析することにより最適な条件でいちごを栽培。いちごは「食べる宝石」をコンセプトに,大粒で完熟した糖度の高いいちごを「ミガキイチゴ」と称して商品化。一粒千円の高値販売を実現している。 

 活動概要 [PDFファイル/297KB]

【大賞】河北まちづくり研究会「なつかしの町・飯野川」 石巻地域産学・異業種連携開発研究会 石巻専修大学経営学部石原ゼミナール

 <石巻地域の資源を活用した産学・異業種連携開発商品「石巻・飯野川発サバだしラーメン」の開発

 東北地方では珍しい「サバだし」を地域の食文化として位置づけ,「サバだしラーメン」を開発。石巻地域で産学・異業種連携体制を構築し,各事業者の技術やノウハウ等を活用し,高いレベルの製品を実現している。

 活動概要 [PDFファイル/333KB]

【特別賞】仙台農業協同組合

 <仙台の大豆,だから仙大豆。(宮城県産大豆のブランド化)

 「仙大豆」という分かりやすいネーミングで宮城の大豆のブランドづくりに取り組む。東京の事業者とプロジェクトチームを結成し,既存の大豆製品にはない斬新な商品開発を行っている。

 活動概要 [PDFファイル/304KB] 

 

地産地消部門

【特別賞】KKRホテル仙台総料理長 鹿野 佐一 

 <みやぎの食材とフランス料理の出会い

 総料理長をつとめるレストランでは県内生産者を招いたフェア等を多数開催し,県産食材の魅力と真摯にものづくりに励む生産者のすばらしさを伝えている。小学生等に対する食育活動にも熱心に取り組んでいる。

 活動概要 [PDFファイル/289KB]

【特別賞】株式会社ヒルズ

 <ともに歩み,ともに笑う ヒルズでつながる地域の笑顔 

 直売所「もちぶた館」において,自社産のもちぶた,野菜等を販売しているほか,県内の給食センターや飲食店,道の駅等に納品し,地産地消を推進している。地域の小学校等において食育授業を実施し,食べ物の大切さ等を教えながら,県産食材の普及啓発を促進している。

 活動概要 [PDFファイル/338KB]

【特別賞】株式会社薬莱山葵栽培園

 <地域資源「薬莱ワサビ」の食文化を提案する薬莱わさび茶屋の運営

 飲食店「薬莱わさび茶屋」を運営し,加美町の地域食材であるワサビや野菜等の提供のほか,県内量販店や飲食店に対する積極的な働きかけによる地域食材の活用促進等により,地産地消を推進している。

 活動概要 [PDFファイル/296KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)