ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業食産業みやぎの地産地消平成29年度「食材王国みやぎ」推進優良活動表彰の受賞者を決定しました

平成29年度「食材王国みやぎ」推進優良活動表彰の受賞者を決定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月8日更新

「食材王国みやぎ」推進優良活動表彰は,「食材王国みやぎ」の重点テーマである「地産地消の推進」や「ブランド化の確立」を進めるため,先導的,模範的な活動を実践されている方々の功績を称えるものです。

地産地消部門8事例,ブランド化部門5事例がエントリーされ,平成29年11月21日(火曜日)に開催した最終選考会の結果,次のように受賞者を決定しましたのでお知らせします。

□地産地消部門

受賞名      

受賞者
<大 賞>       「社会福祉法人みんなの輪 指定障害福祉サービス事業所 わ・は・わ美里」(美里町)
<特別賞>「食旬の会」(石巻市) 
<特別賞>「くがね産直の会」(涌谷町)
□ブランド化部門
受賞名受賞者
<大 賞>「有限会社竹鶏ファーム」(白石市)
<大 賞>「丸山株式会社」(蔵王町)
<特別賞>「株式会社海遊」(石巻市) 

 平成30年2月6日(火曜日)に開催する「食材王国みやぎ推進パートナーシップ会議第9回大会」において,表彰式を行います。

<地産地消部門 大賞>社会福祉法人みんなの輪 指定障害福祉サービス事業所 わ・は・わ美里(美里町)  

□タイトル
 「農福連携,特産物の加工品販売でみんな元気に!」                                                     

□活動主体の概要
 ジャム製造,農園作業,ペット用品作成,その他請負作業等を行う指定障害福祉サービス事業所。

□取組内容
 美里町の伝統的な地域食材「北浦梨」の規格外を活用した「冷凍北浦梨ピューレ」を開発した取組。おまけとして無料で提供されていた果実を加工用に活用し商品として付加価値を与え,通年供給を実現した。冷凍北浦梨ピューレを機に,ホテルや飲食店,学校給食などで新しい食べ方を提案され,北浦梨の新たな需要を生み出すきっかけを作った。
 これまでジャム製造で培ってきた技術や施設の設備をベースに,多職種の専門家がネットワークを構築し,「農業」「福祉」「行政」「教育」が有機的な連携を図ることで実現できた事例。
                                                                                                                       わはわ美里                                               

<地産地消部門 特別賞>  食旬の会(石巻市)

□タイトル
 「宮城県の生産者と飲食店をむすび,宮城の食がさらに発展することを目的とした『宮城の生産者×飲食店』のマッチングパーティ」

□活動主体の概要
 県内の飲食店と生産者が直接取引するきっかけづくりを目的とする,飲食店事業者と生産者等で組織されるマッチングパーティを主催する団体。

□取組内容
 生産者と飲食店のマッチングパーティを過去9回開催。飲食店が生産者と直接交流できる場をセッティングしている。
 マッチングパーティは,特に仙台市の中心部「国分町」という繁華街の中で開催しており,近隣の飲食店が気軽に足を運んで交流できるよう工夫している。平成25年開催の第1回パーティでは生産者20者/飲食店90名という実績であったが,平成29年開催の第9回パーティにおいては,生産者38者/250名と大幅に増加し,生産者と飲食店との交流を促進させた。
                                                                                                    食旬の会

<地産地消部門 特別賞>くがね産直の会(涌谷町) 

□タイトル
 「『地元食材の豊かさと美味しさ』そして『安全安心』を届けたい!」

□活動主体の概要
 涌谷町において直売所「わくや産直センター黄金の郷」を運営する団体。

□取組内容
 平成12年から直売所「わくや産直センター黄金の郷」の運営を開始。平成22年から,涌谷町の学校給食センターをはじまりとして,さくらんぼこども園や町民医療福祉センター等への地域食材の販売に力を入れている。地域食材を供給することと併せて,学校内で地元食材を紹介する校内放送を実施したり,各種イベントにおいて野菜の作り方や食べ方を紹介するなど,地元生産者と消費者が交流する機会を積極的に作り,地産地消を啓発している。
 直売所の年間利用者数及び販売額は増加し,交流人口の増加及び地元食材の利用促進に貢献した。
                                                                                                                         くがね産直

<ブランド化部門 大賞>有限会社竹鶏ファーム(白石市)

□タイトル
 「『竹の恵みと愛情たっぷり白石蔵王産たまごのブランド化』~竹鶏たまごのリブランディング実践事例~」

□活動主体の概要
 白石市で採卵養鶏業を経営。ブランド卵の生産から販売までの一貫経営を行う。

□取組内容
 消臭効果をもつ竹炭を使用した飼料・水を与えて生産したブランド卵「竹鶏物語」。平成25年にこのブランド卵のリブランディング戦略に着手。プロダクトアウト型からマーケットイン型にシフトし,コンセプト,販売戦略,社内体制を再確立した。
 消費者視点を取り入るため商品名,パッケージデザイン等を変更。また,販売先を仙台圏に絞り自社便配送に切り替え,飲食店との直接取引を軸としている。また,産地証明を飲食店の店内に掲示させ,自社のブランド名を浸透させるとともに,「地産地消の見える化」「食材価値向上」を図っている。その他,ブランド価値低下を防ぐため,固定価格での契約とし,クレーム対策のマニュアル策定に取り組んでいる。
                                                                                                                          竹鶏ファーム                                            

<ブランド化部門 大賞>  丸山株式会社(蔵王町)

□タイトル
 「日本ブランドのうまい豚『JAPAN X』のブランド化」

□活動主体の概要
 銘柄豚「JAPAN X」の繁殖から販売までの一貫生産・加工や農場経営をはじめとする食産事業の他,エネルギー事業,観光事業,運輸事業及び不動産事業等を営む蔵王町に本社を置く総合商社。

□取組内容
 「JAPAN X」は,「ストレスフリーの生育環境と無農薬等のこだわった飼料により飼育」,「通常より早い段階で出荷」,「仙台中央食肉卸売市場での格付時に上物と判定」等の条件を満たした銘柄豚。「肉質の柔らかさ」,「安心・安全」,「ミディアムな状態でも食せる」ことが特徴。
 納入先に対し,より美味しい状態で提供してもらうため冷凍での取扱いを控えるよう要請し,また,納入先の企業体制と理念が自社のものとマッチングすることを前提に取引することとしている。納入先に1件1件足を運び,納入先との考え方が一致することを重要視し,消費者ニーズの把握やブランドイメージ管理を図っている。
                                                                                                                          丸山                                         

<ブランド化部門 特別賞>  株式会社海遊(石巻市)

□タイトル
 「宮城県三陸産牡蠣のブランド化による消費拡大」

□活動主体の概要
 三陸産牡蠣中心の海産物(ホヤ,ムール貝,魚介類等)の生産・仕入れ・販売・直営飲食店経営を行い,6次産業化を推進する企業。

□取組内容
 牡蠣生産者等と連携することで通年安定した流通販売体制を確立し,仙台市内の他,全国の飲食店への供給を実現している。同時に,国分町にある直営のオイスターバーは三陸産牡蠣のアンテナショップとしての役割を果たしており,近隣の飲食店へ牡蠣等の海産物販売や専用POPを配布し,三陸産牡蠣のPRを実施している。また,4年目で280g以上の特大牡蠣を「夢牡蠣」というネーミングでブランド化。高価格帯での取引を実現した。
 また,商品,従業員,工場の衛生管理体制を強化し,定期的に検査結果を公開するとともに,飲食店従業員や消費者向けに漁業体験,工場見学等を企画し,直接三陸産牡蠣の安全・安心を伝えている。
                                                                                                                           海遊