ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

生活保護制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

2 生活保護制度とは

1 生活保護とは

 生活保護は,病気や身体の障害,思いがけない事故など,いろいろな事情により真に生活に困ったすべての国民に対して,国が困窮の程度に応じて必要な保護を行い,最低限度の生活を保障するとともに,自立の助長を行う制度です。

2 生活保護のしくみ

 生活保護は,まず,土地・預貯金などの資産や働ける場合はその能力,その他あらゆるものを最低生活の維持のために活用し,さらに扶養義務者の援助,年金,各種手当など,他の法律による給付を充てて,それでもなおかつ基準となる生活に満たない分を給付するものです。
 保護の程度は,国が定めた基準により計算された最低生活費とその世帯の収入の対比により決定され,その不足分について金銭又は現物により給付されます。

 

最低生活費と収入の対比の表(1)

保護を受けられる場合    

最低生活費

世帯の収入

保護(保護費支給額・医療費)

 

最低生活費と収入の対比の表(2)
保護を受けられない場合

最低生活費

 

世帯の収入

 

3 扶助の種類

保護はその内容によって,次の8種類の扶助に分けられます。
生活扶助,住宅扶助,教育扶助,介護扶助,医療扶助,出産扶助,生業扶助,葬祭扶助

相談・問い合わせ先

市にお住まいの方 ・・・市(社会)福祉事務所,最寄りの民生委員
町村にお住まいの方・・・県保健福祉事務所(巻末参照),町村役場,最寄りの民生委員