ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがすスポーツ健康課宮城県総合運動公園(グランディ・21)施設案内3 セントラルスポーツ宮城G21プール

宮城県総合運動公園(グランディ・21)施設案内3 セントラルスポーツ宮城G21プール

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月16日更新

セントラルスポーツ宮城G21(グランディ21)プール(総合プール)

 開催種目に合わせ0mから3mまで深さを調節できる全面可動床を採用した50m公認プール(国際)を始め、明るいホールと開放的な25mサブプールなど、子供からお年寄りまで、幅広い方々に親しみ楽しんでいただけます。 

 メインプールの写真飛込プールの写真

 

 

 

 

 

 

 

 

toto助成金の画像

     

 

 

※このプールの競泳用タッチプレートは、スポーツ振興くじ助成金を受けて整備されています。

概要

工期

  • 平成5年10月~平成7年11月(サブプール・飛込プールは平成7年7月まで)

事業費

  • 約110億円

利用種目

  • 競泳、水球、飛込、シンクロナイズドスイミング

設備

  • メインプール
    50m×25m 水深0m~3m 日水連50m公認プール(国際大会対応、長水路8コース、短水路16コース)
    日水連25m公認プール(8コース×2)
  • サブプール
    25m×18m 水深1.2m~1.45m 日水連25m公認プール(8コース)
  • 飛込プール
    25m×22m 水深4.04m~5.10m 日水連飛込公認プール(国際大会対応)
  • 飛込台
    10m台1基、7.5m台1基、5m台1基、3m板2基、1m板2基

収容人員

  • 固定席2,673人

主要施設

  • 電光表示装置、可動床(50mプール)、競技運営室、トレーニングルーム、その他

        利用時間・利用料金