ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがすスポーツ健康課宮城県総合運動公園(グランディ・21)施設案内1 ひとめぼれスタジアム宮城(宮城スタジアム)

宮城県総合運動公園(グランディ・21)施設案内1 ひとめぼれスタジアム宮城(宮城スタジアム)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月24日更新

ひとめぼれスタジアム宮城(宮城スタジアム)

宮城スタジアムの写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 toto助成金の画像

 

 ※このスタジアムの陸上競技用トラックはスポーツ振興くじ助成金を受けて整備されたものです。

概要

  • 所在 宮城県宮城郡利府町菅谷字舘40-1
  • 工期 平成8年10月~平成12年3月
  • 事業費 約270億円 
  • 構造・規模 鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄筋コンクリート造・鉄骨造、地上6階建て、建築面積36,684.66平方メートル、延べ床面積57,564.60平方メートル、外部仕上げ屋根・ステンレス折板、外壁・コンクリート化粧打放し
  • 利用時間・利用料金こちらのサイトをご覧ください

宮城スタジアムの写真

特徴 

  1. 全席の3分の2を覆う仙台藩祖・伊達政宗公の兜の飾りをイメージした三日月型の大屋根(長さ300m、高さ46m、幅(最大)40m、重さ1,800トンのアーチ型で柱のない構造)
  2. 全国初の室内の跳躍(棒高跳び、走り幅跳び、三段跳び)練習場及び直線100m走路
  3. サッカー、ラグビー等各種の大規模競技にも対応できる多目的兼用競技場
  4. 観客席、通路、トイレ及び案内等随所に講じられたバリアフリー対策

設備

スタジアム

  • 第1種公認陸上競技場(兼用競技場)
    400mトラック×9レーン(全天候舗装)
    フィールド(天然芝)71.4m×107m(7,640平方メートル)
    室内雨天走路(直線100m×5レーン、天井高6.3m、跳躍練習場2か所)
  • 収容人員49,133人(東北最大規模)  ・夜間照明1,500Lx 
  • 大型映像装置   1基
  • その他主な施設
    1階 事務室、競技運営室(8)、会議室(3)、審判更衣室(2)、医務室、
     ドーピングテスト室、インタビュールーム、報道関係室(2)、浴室(2)、
    トイレ(14)、ティーラウンジ、エレベーター(2)
    2階 選手更衣室(4)、シャワー室(4)、ウォームアップスペース(2)、トイレ(4)
    3階 観客席ゲート、電話・自動販売機コーナー、トイレ(24)
    4階 貴賓室、トイレ(3)
    5階  トイレ(16)
    6階 展望室、特別室(4)、司令室、放送室、大型映像・音響調整室、 写真判定機室、トイレ

補助競技場

  • 第3種公認陸上競技場(兼用競技場)
  • 400m×8レーン(全天候舗装)、その他(芝生:高麗芝)
    (付帯施設 鉄筋コンクリート造2階建て・延べ面積302.20平方メートル 1階 器具庫、2階 放送室)

投てき場

 

  • 助走部(全天候舗装)、その他(芝生:高麗芝)74m×140m
  • 円盤・ハンマー投げ(共用)サークル1か所
  • やり投げ助走路2レーン
  • 砲丸サークル4か所

屋外便所(5)

バリアフリー対策

  1. 身障者対応型エレベーター(2基)
  2. 車椅子対応観客席 常設104席 仮設92席
  3. 難聴者対応観客席(集団補聴設備)3,500席
  4. 会議室に難聴者対応装置設備(集団補聴設備)
  5. 手摺り付きトイレ(大60ブース、小34個、屋外含む)
  6. 多目的トイレ(身障者対応)33ブース(屋外含む)
  7. 身障者用駐車場設置
  8. 要介護者対応シャワー室(2階・4ブース)
  9. 視覚障害者誘導ブロック、点字表示及び手摺設置
  10. 車椅子対応スロープ