ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > スポーツ健康課 > 学校安全トップページ

学校安全トップページ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月9日更新

学校のイラスト

学校安全のページへようこそ

学校等における放射線に関するページへ

安全教育の目標

ア 日常生活における事件・事故災害や犯罪被害等の現状,原因及び防止方策について将来的に直面する安全の課題に対して,的確な思考・判断に基づく適切な意志決定や行動選択ができるようにする。

イ 日常生活の中に潜む様々な危険を予測し、自他の安全に配慮して安全な行動とるとともに,自ら危険な環境を改善できるようにする。

ウ 自他の生命を尊重し,安全で安心な社会づくりの重要性を認識して,学校,家庭及び地域社会の安全活動に進んで参加し,貢献できるようにする。

「「生きる力」をはぐくむ学校での安全教育」より


安全教育関係事業と関係資料

災害安全

みやぎ学校安全基本指針

 宮城県では,震災以前から「みやぎ防災教育基本指針」(H21.4)を策定するなど防災教育に取り組んできました。しかし,今回,東日本大震災が発生し,津波等により多くの犠牲者と甚大な被害を受けたことから,この教訓を踏まえ,あらゆる災害に対応できる新たな指針の策定が必要となりました。そこで防災教育のみならず交通安全,生活安全(防犯を含む)を含めた学校安全に関する三領域を網羅した,本県独自の新指針を「みやぎ学校安全基本指針」として策定しました。

みやぎ学校安全基本指針・みやぎ学校安全基本指針【概要版】・学校防災マニュアル作成ガイドのダウンロード

みやぎ学校安全基本指針【概要版】 [PDFファイル/265KB]

別冊 学校防災マニュアル作成ガイド [PDFファイル/1.47MB]

・竜巻対応を追加した学校防災マニュアル作成ガイド【改訂版】(2013年12月17日)

別冊 学校防災マニュアル作成ガイド【改訂版】 [PDFファイル/1.45MB]

・竜巻対応のみのページ

学校防災マニュアル作成ガイド(竜巻対応) [PDFファイル/109KB]

◎「特別警報発表時」の対応について(学校防災マニュアル作成ガイド追加版)

 平成27年10月1日付

「特別警報」創設に伴う自然災害対応について(学校防災マニュアル作成ガイド追加版) [PDFファイル/357KB]

みやぎ防災教育推進協力校事業

 児童生徒等が主体的に行動できる態度を養うために,地域関係機関・団体等及びPTAとの連携のための実践研究を推進するとともに,「みやぎ防災教育副読本」を活用した防災教育の授業実践(カリキュラムの構築)を行い,県内各学校で活用できる防災教育のモデル(みやぎモデル)づくりを目指す。さらには,その成果を普及することにより,県内全体における防災教育の一層の推進を図る。

【事業期間】  平成26年度から平成29年度まで(協力該当校は2か年継続)

【推進協力地区等】 県内7ブロック(各教育事務所・地域事務所)単位及び県立学校

協力校の取組

防災教育を中心とした学校安全フォーラム

  東日本大震災の厳しい教訓を踏まえ,各学校園における防災教育の充実と地域と連携した防災管理体制の整備を進めるとともに,併せて,生活安全教育や交通安全教育の重要性も認識し,児童生徒の安全・安心を守るための教職員研修等一層の充実を図る。また,震災から5年が経過した今,国連防災世界会議で採択された仙台宣言の実現に向け国際的な視野に立ち,これまでの取組や活動について広く国内外に発信するとともに,研究機関や教育実践機関等が互いの取組について理解を深め,課題解決に向けた協議を行い,今後の防災教育を含む安全教育,安全体制の発展に資する。

 防災教育を中心とした学校安全フォーラム

 平成28年11月24日(木曜日)午前10時15分から東京エレクトロンホール宮城にて開催

 

「学校防災に係る調査」結果

この調査は,今後の防災教育及び防災体制の充実を図るため,「みやぎ学校安全基本指針」に基づき,防災教育及び防災体制の整備・推進状況を把握するため,本県独自に調査を行ったものです。

平成27年度「学校防災に係る調査」結果(校種別集計)【平成27年12月1日現在】 [PDFファイル/1.1MB]

平成27年度「学校防災に係る調査」結果(市町村別集計)【平成27年12月1日現在】 [PDFファイル/1.38MB]

宮城の防災教育だより

 宮城県教育委員会では,県内の学校の防災教育の取組を,便りにし,年3回発行しています。

 「宮城の防災教育だより」

「世界津波の日 」高校生サミット 宮城スタディツアー

11月5日が「世界津波の日」と制定されたことを受け,啓発活動の一環として,平成28年11月25日(金曜日),26(土曜日)に高知県黒潮町において「世界津波の日」高校生サミット in 黒潮が開催され,その事前プログラム(スタディツアー)として,東日本大震災の被災地である本県が海外高校生を招聘し,県内高校生との交流を通して,被災地で行われている取組や活動についての理解を深め合います。

宮城スタディツアー開催要項 [PDFファイル/307KB]

スタディツアー被災地視察 [PDFファイル/671KB]

 

世界津波の日」高校生サミット in 黒潮公式ホームページ

 みやぎ防災教育基本指針

「みやぎ防災教育基本指針」へ (PDF11MB) 平成21年2月策定      

交通安全

高校生の自転車利用マナーアップ活動

 共催:県警交通部交通企画課・仙台市教育委員会・石巻市教育委員会・総務部私学文書課
 高校生の自転車走行中の交通事故防止と交通ルールの遵守,マナーの向上及び定着化を図るため,各学校の特色を生かし,各警察署や交通安全協会等の協力を得ながら各種取組を実施します。

警察本部交通部交通企画課HPへ  財団法人日本交通安全教育普及協会HPへ

文部科学省関係通知一覧

生活安全

平成28年度スクールガード養成講習会

以下,開催日,開催時間,開催市町,開催会場

  • 7月  1日 金曜日 13時30分~ 大和町   大和町役場
  • 7月  4日 月曜日 13時30分~ 気仙沼市  気仙沼市中央公民館
  • 7月  7日 木曜日 14時00分~ 石巻市   石巻市桃生公民館
  • 7月14日 木曜日 13時30分~ 登米市   中田生涯学習センター
  • 7月19日 火曜日 13時30分~ 柴田町    柴田町保健センター
  • 7月20日 水曜日 13時30分~ 富谷町   富谷町武道館
  • 7月29日 金曜日 13時30分~ 利府町   利府町役場

 

学校安全計画の作成にあたって

学校保健安全法(平成21年4月1日施行)

第3章として新たに「学校安全」が新設され26条から30条まで内容が示されました。
第26条【学校安全に関する設置者の責務】
第27条【学校安全計画の策定等】
第28条【学校環境の安全確保】
第29条【危険等発生時対処要領の作成等】
第30条【地域の関係機関等との連携】
学校保健安全法

関係資料HP→ 学校保健安全法  学校保健安全法施行規則  文部科学省関係資料

学習指導要領

 【総則3】
 学校における体育・健康に関する指導は,児童の発達の段階を考慮して,学校の教育活動全体を通じて適切に行うものとする。特に,学校における食育の推進並びに体力の向上に関する指導,安全に関する指導及び心身の健康の保持増進に関する指導については,体育科の時間はもとより,家庭科,特別活動などにおいてもそれぞれの特質に応じて適切に行うよう努めることとする。また,それらの指導を通して,家庭や地域社会との連携を図りながら,日常生活において適切な体育・健康に関する活動の実践を促し,生涯を通じて健康・安全で活力ある生活を送るための基礎が培われるよう配慮しなければならない。
 関係資料HP→ 文部科学省学習指導要領

学校安全計画の例

 小学校の例(Excelファイル36KB)  中学校の例(Excelファイル44KB)  高等学校の例(Excelファイル32KB)
*平成13年版「『生きる力』をはぐくむ学校での安全教育」から抜粋。今後,改訂が予定されています。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)