ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす観光・文化スポーツスポーツ全般タカマツペア 金メダルおめでとうセレモニー

タカマツペア 金メダルおめでとうセレモニー

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月12日更新

金メダルおめでとうセレモニー

 10月5日水曜日に,リオデジャネイロオリンピックのバドミントン競技女子ダブルスにおいて,日本バドミントン界史上初となる金メダルを獲得された髙橋礼華選手と松友美佐紀選手が宮城県を訪問しました。

 県庁1階県民ロビーにおいて,「金メダルおめでとうセレモニー」を開催し,集まった約500人の県民の皆様とともにお二人の偉業をお祝いしました。

 村井知事からは「県民栄誉賞」と記念品の「玉虫塗 尺三飾皿」,中山県議会議長からは「県議会議長特別表彰」と記念品の「仙台箪笥 銘々帖箱」を贈呈しました。

 髙橋選手と松友選手の益々の御活躍をお祈りいたします。