ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすくらし・環境上下水道上水道平成29年度宮城県水道事業シンポジウムを開催しました

平成29年度宮城県水道事業シンポジウムを開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月6日更新

11月22日(水曜日)、仙台市戦災復興記念館記念ホールにおいて、宮城県水道事業シンポジウム「人口減少社会における水道経営を考える」を開催しました。

シンポジウムでは、はじめに話題提供として、日本政策投資銀行地域企画部長の足立慎一郎氏から「水道事業の現状・課題・将来予測と今後のソリューションの方向性」、内閣府民間資金等活用事業推進室参事官の坂本慶介氏から「諸外国の水道分野におけるPPP/PFI」、厚生労働省医薬・生活衛生局水道課水道計画指導室長の日置潤一氏から「水道事業における官民連携について」と題してご講演いただいたほか、宮城県企業局より、県で導入を検討している「上工下水一体官民連携運営方式(みやぎ型管理運営方式)」の紹介を行いました。

その後のパネルディスカッションでは、「人口減少社会における水道経営を考える」をテーマとして、水道事業の現状・課題、解決策としての広域化や官民連携、みやぎ型管理運営方式などについて意見交換が行われました。

開催日時

平成29年11月22日(水曜日)  午後1時から午後4時30分まで

会場

仙台市戦災復興記念館 記念ホール(仙台市青葉区大町二丁目12-1)

内容

1 挨拶  宮城県副知事 河端 章好

2 話題提供

 (1)「水道事業の現状・課題・将来予測と今後のソリューションの方向性」

    (株)日本政策投資銀行 地域企画部担当部長/PPP/PFI推進センター長  足立 慎一郎

 (2)「諸外国の水道分野におけるPPP/PFI」

    内閣府 民間資金等活用事業推進室 参事官  坂本 慶介

 (3)「水道事業における官民連携について」

    厚生労働省 医薬・生活衛生局水道課水道計画指導室長  日置 潤一

 (4)「みやぎ型管理運営方式について」

    宮城県企業局次長(技術担当)  尾形 昭範

3 パネルディスカッション「人口減少社会における水道経営を考える」

 パネリスト     内閣府 民間資金等活用事業推進室 参事官  坂本 慶介

             厚生労働省 医薬・生活衛生局水道課水道計画指導室長  日置 潤一

             (株)日本政策投資銀行 地域企画部担当部長/PPP/PFI推進センター長  足立 慎一郎

             村田町 上下水道課長  半澤 喜代志

             (一社)日本水道運営管理協会 運営委員長  與三本 毅

             宮城県企業局 次長(技術担当)  尾形 昭範

 コーディネーター  (株)日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門運営部長  石田 直美

※来場者数 約230名

シンポジウムの様子

1 挨拶(河端副知事)


1 副知事挨拶

2 話題提供

(1)「水道事業の現状・課題・将来予測と今後のソリューションの方向性」

  日本政策投資銀行 足立部長

政策投資銀行

(2)「諸外国の水道分野におけるPPP/PFI」

  内閣府民間資金等活用事業推進室 坂本参事官

内閣府

(3)「水道事業における官民連携について」

  厚生労働省医薬・生活衛生局水道課水道計画指導室 日置室長

厚労省

(4)「みやぎ型管理運営方式について」

  宮城県企業局 尾形次長

企業局

3 パネルディスカッション

全景  村田町

        全体の様子               村田町上下水道課 半澤課長

協会  厚労省

 日本水道運営管理協会 與三本運営委員長      厚生労働省水道計画指導室 日置室長

内閣府  政投銀

 内閣府民間資金等活用事業推進室 坂本参事官      日本政策投資銀行 足立部長

企業局  コーディネーター

     宮城県企業局 尾形次長         コーディネーター 日本総合研究所 石田部長

議事録

宮城県水道事業シンポジウム議事録 [PDFファイル/929KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)