ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす水道経営課統計/下水汚泥リサイクル率

統計/下水汚泥リサイクル率

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日更新

下水汚泥リサイクル率

 下水汚泥の処理状況及び用語については、「下水汚泥処理状況」をご覧ください。

 また、下水汚泥の有効利用状況については、「下水汚泥の有効利用」をご覧ください。

年度毎の県内下水汚泥リサイクル率

県の下水汚泥の発生量は,150,000トン/年程度です。県は下水汚泥の減量化と再生利用を促進し,下水汚泥リサイクル率100%を目指します。

年度平成22年平成23年平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年
下水汚泥リサイクル率の表
下水汚泥リサイクル率 (%)【流域下水道】10084.982.851.638.4100100
下水汚泥リサイクル率(%)【市町村】99.818.719.516.716.816.914.7
下水汚泥リサイクル率(%)【宮城県全体】99.943.152.3※132.4※226.152.548.1

※1 他に場内保管44.2%(平成26年度に全量埋立処分しました。)
※2 他に場内保管21.8%(平成26年度に全量埋立処分しました。)

上表の下水汚泥リサイイクル率は,脱水汚泥量に対してのリサイクル率です。