ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業研究開発試験研究早生樹の共同研究に関する協定の締結式を行います
トップページ分類でさがすしごと・産業林業林業の振興早生樹の共同研究に関する協定の締結式を行います

早生樹の共同研究に関する協定の締結式を行います

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月8日更新

早生樹の共同研究に関する研究の締結式を行います

本県森林の半数弱を占める主要な樹種であるスギは伐採・収益までの期間が長いことから,森林所有者の経営意欲低下の一因となっています。
このため,成長が早く,利用までの期間が短い「早生樹」の導入により林業収益性の改善と材造林の推進を図るため,国・県・民間が連携して試験造林による共同研究を始めることとしました。
つきましては,協定の締結式を下記のとおり開催しますので,報道機関の皆様におかれましては,ぜひ取材くださるようお願いします。

日時

平成30年3月13日(火曜日)午後2時から2時30分まで

場所

仙台森林管理署(宮城県仙台市青葉区東照宮1-15-1,022-273-1111)

内容

2時00分 開式

2時05分 協定書調印(署名),協定者挨拶

2時30分 閉式

締結者


林野庁東北森林管理局仙台森林管理署長
国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所林木育種センター東北育種場長

宮城県林業技術総合センター所長

民間

株式会社村井林業代表取締役

記者発表資料

記者発表資料 [PDFファイル/346KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)