ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす白石高等技術専門校概要(使命と目標・特色・沿革・組織図・施設配置図)

概要(使命と目標・特色・沿革・組織図・施設配置図)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月23日更新

宮城県立白石高等技術専門校の概要

  1. 使命と目標
  2. 基本理念及び特色
  3. 沿革
  4. 組織
  5. 施設配置図
  6. 系統図

 外観
本校は,職業能力開発促進法に基づき宮城県が設置運営している職業能力開発施設です。
 宮城県立高等技術専門校再編整備基本計画に基づき,平成13年4月1日,白石市白川津田地区に新たに開校しました。
 本校は,県南地域における職業能力開発の拠点として情報化時代を担う人材育成を目指し,時代の変化,技能の高度化に対応できる実践的技能者の育成を掲げて,情報通信や情報処理にかかる技術を習得する専門校として,また,平成19年3月に策定しました「宮城の将来ビジョン」の「産業活動の基礎となる人材の育成・確保」を重点的に推進することになっており,その一役を担って,宮城の情報産業の進展を支えるスペシャリストの人材育成に取り組んでいます。
施設の施工時の概要 宮城県土木部営繕課 竣工建設物の紹介より

1.使命と目標

1-1組織の使命

 職業訓練に関する教育訓練を総合的かつ計画的に講ずることにより, 職業に必要な労働者の能力開発及び向上することを促進し, かつ,職業の安定と労働者の地位の向上を 図るとともに,経済及び社会の発展に寄与する。

1-2行政課題・県民ニーズ

  • 急速な少子・高齢化による応募者の減少傾向に対する入校者の確保
  • 県民ニーズを反映した訓練科目の設定
  • 地域に開かれた職業能力開発センターとしての地元へのPR

1-3使命達成に向けた施策

  • 入校率の向上
  • 就職率の向上
  • 在職者訓練の受講率の向上

2.基本理念及び特色

<基本理念>

  • 時代の変化並びに技能の高度化に対応できる実践的技能者の育成
  • 自発的技能習得意欲の助長
  • 地域に開かれた職業能力開発の促進
  • 技能の振興・援助

<訓練の特色>

  • 実技,実習にウェイトを置いた実践的訓練
  • 学生の創意工夫を尊重し,最先端技術への対応を目指すカリキュラムの編成
  • 職業能力開発の総合的センターとして各種訓練コースの展開

3.沿 革

平成13年4月宮城県立白石高等技術専門校として、白石市白川津田字新寺前5-1に開校
(普通課程)情報通信技術科、情報処理科、OAビジネス科
(短期課程)ソフトウェア管理科、造園科、OA経理科、自動車運転科の計7科でスタート
平成14年4月(短期課程)パソコン文書科、パソコン事務科を新設
平成17年4月(短期課程)ソフトウェア管理科をビジネスソフトウェア科に改称、データベース入門科を新設
平成18年4月(短期課程)パソコン事務科をパソコン入門科に改称、パソコン文書科をパソコン・簿記科に改称、自動車運転科を廃止
平成19年4月(短期課程)造園科 年2回を年1回に変更
平成20年4月(普通課程)情報通信技術科を通信システムエンジニア科、情報処理科をプログラムエンジニア科、OAビジネス科をオフィスビジネス科に改称
(短期課程)パソコン入門科、パソコン・簿記科を廃止
平成21年4月(短期課程)OA経理科 年2回を年1回に変更
平成22年4月(短期課程)ビジネスソフトウェア科、OA経理科を委託訓練に変更
平成25年4月(普通課程)オフィスビジネス科を廃止
(短期課程)電気通信工事科を新設
沿革の表

4.組織

組織図 

5.施設配置図

施設配置図

6.系統図

系統図

白石高等技術専門校系統図 [PDFファイル/9KB]


旧白石高等技術専門校・大河原高等技術専門校・塩釜高等技術専門校の修了生の方で各種証明が必要な方は本校で受付をしております。

当校ホームページ証明書交付・再交付・書替の方法を参考に!



Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)