ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

通信システムエンジニア科

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月24日更新

通信システムエンジニア科

概要カリキュラム取得目標資格就職必要経費Q&A

通信実習1通信実習2通信実習3通信実習4

概 要

  • 訓練期間 2年
  • 対象者 高卒以上
  • 入学時期 4月
  • 定員 20人

情報通信分野における有線及び無線の両部門に対応した技術操作ならびにメンテナンスの知識と技能を習得します。

また工事担任者、無線従事者等の資格を取得できる程度の訓練を行っています。高度化された電気通信システムに幅広く適応できる技能者を育成します。

また情報配線施工・電気工事の知識を有した技能者の育成を目指しています。

資格取得までの流れ

体系図

ハンダ作業実習
はんだ付け実習

LAN工事作業
情報配線施工実習

光ファイバー実習
光通信(光ファイバー融着)実習

カリキュラム

学科実技
普通
学科
社会系基礎
実技
測定基本実習
体育工作基本実習
系基礎
学科
電気数学回路設計実習
物理学概論回路組立及び調整基本実習
電磁気学通信工学基本実習
電子工学安全衛生作業法
アナログ回路 
デジタル回路 
電子計測 
通信機器 
材料 
安全衛生 
関係法規 
専攻
学科
データ通信工学専攻
実技
通信工学実習
交換設備工学通信機器の操作
伝送工学伝送交換設備の操作及び管理
電気通信システム電子計算機の操作実習
通信電力端末設備の操作
信頼性工学デジタル実践技術実習 
電子計算機マイクロ波工学実習
 マイクロ波通信及び光通信実習
カリキュラムの表

 

取得目標資格

取得目標資格名資格主催/取得年次/検索キーワード資格内容/活用できる職場

国家資格(業務独占資格)


第一級陸上特殊無線技士
(認定校)

無線従事者免許証

総務省

一つの周波数の電波に、いくつもの信号を同時に乗せて通信する多重無線設備を使用した固定局等の無線設備を操作するための資格。
多重無線設備とは複数のチャンネルでもって通信を行う無線設備のことです。
政令では「一 陸上の無線局の空中線電力五百ワット以下の多重無線設備(多重通信を行うことができる無線設備でテレビジョンとして使用するものを含む。)で三十メガヘルツ以上の周波数の電波を使用するものの技術操作
二 前号に掲げる操作以外の操作で第二級陸上特殊無線技士の操作の範囲に属するもの 」と定められています。

2年次
無線従事者規則電気通信事業会社(KDDI,NTT等)、JR、NHK、放送会社、電力会社、防衛省、国土交通省、警察庁、各県庁などの協力会社等への就職が考えられます。

国家資格(業務独占資格)


第二級陸上無線技術士

総務省

無線通信の技術操作に関しては優良な資格で、職場の範囲も広く下記のようなものが考えらます。

  • ラジオやテレビの放送局(送信所)
  • 国際通信を行う大電力無線局(送信所)
  • 大型海岸局の送信所
  • 無線標識局
  • 小電力局であったも、その送信装置の仕組み上から、高度の知識技能が要求される無線局

政令では「次に掲げる無線設備の技術操作

  1. 空中線電力二キロワット以下の無線設備(テレビジョン放送局の無線設備を除く。)
  2. テレビジョン放送局の空中線電力五百ワット以下の無線設備
  3. レーダーで第一号に掲げるもの以外のもの
  4. 第一号及び前号に掲げる無線設備以外の無線航行局の無線設備で九百六十メガヘルツ以上の周波数の電波を使用するもの」と定められています。
2年次
無線従事者規則電気通信事業会社(KDDI,NTT等)、JR、NHK、民間放送会社、国土交通省航空局、気象庁、警察庁、海上保安庁などの協力会社等への就職が考えられます。

国家資格(業務独占資格)


工事担任者
(DD第一種)(一部科目免除)

工事担任者資格者証

総務省デジタル伝送路設備(デジタル信号を入出力とする電気通信回線設備をいう。以下同じ。)に端末設備等を接続するための工事。ただし、総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事を除く。
1~2年次
工事担任者規則電気通信事業会社(KDDI,NTT等)などの協力会社等への就職が考えられます。

国家資格(業務独占資格)


工事担任者
(AI・DD総合種)

総務省アナログ伝送路設備又はデジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事
2年次
工事担任者規則電気通信事業会社(KDDI,NTT等)などの協力会社等への就職が考えられます。

国家資格(業務独占資格)


第二種電気工事士

第二種電気工事士

宮城県一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事に従事できます。
2年次
電気技術者試験センター電気工事会社等への就職が考えられます

国家検定


第三級情報配線施工技能士

第3級情報配線施工技能士

高度情報通信推進協議会

情報配線施工の職種における初級の技能者が通常有すべき技能及びこれに関する知識の程度を基準とした技能検定

内容は、光ファイバー接続、コネクターの組立て、宅内及びビル内の配線施工などがあり、それらにおける知識、技能の習得を必要とし、業務に役立てる資格となっている。

 

1~2年次
高度情報通信推進協議会国家検定としての情報配線施工の知識・技能を有していることについて、履歴書上でアピールすることは有効です。
取得目標資格の表

就職への取組

主な就職先

平成28年度の修了生16名の就職先です。全員正社員です。

  • (株)エヌ・ティ・ティ エムイー
  • 日本リーテック(株)
  • (株)ミライト
  • 日東通信(株)
  • 産電工業(株)
  • 新栄電設工業(株)
  • (株)テイ・アイ・シイ
  • 太平電業(株)
  • 東北通信機器(株)
  • (株)ACT
  • (株)ワールドインテック
  • (株)エイジェック         (順不同)

過去の主な就職先

  • (株)エヌ・ティ・ティ エムイー
  • (株)協和エクシオ
  • (株)ミライト
  • (株)ネクスコ・エンジニアリング東北
  • コスモシステム(株)
  • ドコモエンジニアリング東北(株)
  • 東北インテリジェント通信(株)
  • 大和電設工業(株)
  • 日立コンシューマ・マーケティング(株)
  • セコム工業(株)
  • 日本リーテック(株)
  • 日東通信(株)
  • 東日本電子計測(株)
  • 東北通信機器(株)
  • (株)メイテックフィルダーズ
  • (株)TOHO
  • 新栄電設工業(株)
  • (株)テイ・アイ・シイ
  • (株)三技協
  • KCCSモバイルエンジニア(株)
  • (株)太平エンジニアリング       など (順不同)

先輩の声

通信工事会社に就職した通信システムエンジニア科 平成23年卒 D君に聞きました。

Q1.白石高等技術専門校に入学して良かったと思うことはなんですか?

A1.(1)指導員の方々から通信業界の話をして頂いたことで仕事に対するイメージが湧き、早い時期に会社から内定を得ることができたこと。
(2)多くの資格を取得することができたこと。
(3)良き仲間に恵まれ、充実した学生生活を送ることができたことです。

Q2.後輩の皆さんにアドバイスをお願いします。

A2.今しかない自由な時間を思い切り学んで、思い切り遊んで下さい。また何か熱中できる物を持つと良いと思います。

次に資格は取れるだけ取ることです。

資格を持っていると就職試験で有利になります。就職してからでは勉強時間の確保が難しいので、勉強に集中できる学生時代に取得するとよいでしょう。

工事担任者資格はLTEの光回線の工事に役立ちます。また第一級陸上特殊無線技士もモバイル系で働く場合、必須に近い資格になります。頑張って下さい。

必要経費

授業料:年額118,800円(四半期毎の分納です)※授業料には、減免制度があります。詳しくはご相談ください。
入学金:5,650円(入学時に納入していただきます)
教科書、作業服代:1年生(約40,000円)、2年生(約20,000円)

Q&A

どんな勉強をするの?

電気、電子の基礎、ネットワークの理論・構造および構築、無線機器の理論・構造および取り扱いなどについて学科と実習をとおして学びます。
1年次には工事担任者の資格取得に関連する科目など電気・電子・通信およびネットワークについて基礎から学びます。2年次には陸上特殊無線技士の資格取得に関連する無線技術を中心に習得します。さらにネットワークの応用技術やマイコン技術などについても総合的に学びます。2年生の後半では実習が中心になります。

どんな仕事に就けるの?

 修了生の多くが通信工事関連会社に就職しています。配線工事、施工工事、ネットワークや携帯基地局の保守、電子機器の設計やメンテナンスなど専門校で学んだことを活かせる仕事についています。

通信エンジニアとはどんな仕事をするの?

 通信工事関連では端末設備(IP電話機やIP-PBX)等を情報通信ネットワーク(通信回線、光ファイバー回線など)に接続するために、配線を行ったり、各機種の設定をしてネットワークシステムを構築します。無線関係では専門校で取得した資格が必要になる仕事もあります。
 安全性・信頼性等を保てる内容が要求されます。