ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

南川ダムの概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新
南川ダムのプロフィール
ダムの概要ダムの役割ダム施設案内
ダム周辺探索ダム貯水位グラフ現在のダムの状況

ダムの概要

南川ダム全景です

ダム・貯水池諸元

ダム諸元貯水池諸元
型式重力式コンクリートダム集水面積22.5km2
堤高46.0m湛水面積0.9km2
堤頂長355.0m総貯水容量10,000千m3
堤体積244,300m3有効貯水容量9,200千m3
計画高水量460m3/s洪水調節容量4,400千m3
最大放流量130m3/s 利水容量(非洪水期)7,200千m3 
ダム天端高EL103.00m 利水容量(洪水期)4,800千m3 
第1常用洪水吐
(制限水位) 
自然調節方式
 幅4.4m 高1.5m
ラジアルゲート2門
最低水位EL 81.80m
平常時最高貯水位
(常時満水) 
EL 97.60m 
第2常用洪水吐
(常時満水位) 
自然調節方式
 幅4.2m  高2.4m
ローラーゲート1門
洪水時最高水位
(サーチャージ水位)
EL 100.00m
貯留準備水位
(制限水位) 
EL 94.20m 
非常用洪水吐自然越流長234.6m  

ダムの効果

洪水調節 ダム地点の計画高水流量460m3/sのうち、360m3/sをダムに貯留して洪水をおさえ、下流地域を水害から防護します。
流水の正常な機能の維持 南川及び吉田川沿岸の既得かんがい用水(農業用水)の補給を行うとともに、降雨の少ないときでも川の水が無くならないようにします。
上水道用水 大和町・富谷町・大衡村・大郷町・松島町の5町村に、上水道用水として最大40,000m3/日の取水を可能にします。
水力発電 最大220kwhの電力を発電し、供給します。

標準断面図

標準断面図です