ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす自然保護課野鳥の高病原性鳥インフルエンザ調査に係る対応レベル等

野鳥の高病原性鳥インフルエンザ調査に係る対応レベル等

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月9日更新

発生状況に応じた対応レベルの概要  

  ウイルスが検出された状況に応じて適切に対応するため,環境省の判断により設定されます。

発生状況

対象地

発生状況

全国

発生地周辺(発生地から半径10 km以内を基本)

通常時

対応レベル1

-

国内単一箇所発生時

対応レベル2

野鳥監視重点区域に指定

国内複数箇所発生時

対応レベル3

近隣国発生時等

対応レベル2または3

必要に応じて野鳥監視重点区域を指定

対応レベルごとの実施内容(対応レベルと死亡野鳥の種類・羽数の関係)

  外傷や追突によるものと判断される場合や,腐敗している場合は死亡野鳥調査対象となりません。

 

対応レベル表

対応レベル

鳥類生息状況等調査

ウイルス保有状況の調査

死亡野鳥等調査

糞便採取調査

検査優先種1

検査優先種2

検査優先種3

その他の種

対応レベル1

情報収集

監視

1羽

以上

3羽

以上

5羽

以上

5羽

以上

10月から4月にかけて飛来状況に応じて糞便を採取

対応レベル2

監視強化

1羽

以上

2羽

以上

5羽

以上

5羽

以上

対応レベル3

監視強化

1羽

以上

1羽

以上

3羽

以上

5羽

以上

野鳥監視重点区域

監視強化

緊急調査

発生地対応

1羽

以上

1羽

以上

3羽

以上

3羽

以上

検査優先種

                                                       (9目11科)

検査優先種

検査優先種1(17種)

 

 

カモ目カモ科

ヒシクイ

マガン

シジュウカラガン

コクチョウ*

コブハクチョウ*

コハクチョウ

オオハクチョウ

オシドリ

ヒドリガモ

キンクロハジロ

 

重度の神経症状**が観察された水鳥類

カイツブリ目カイツブリ科

カイツブリ

カンムリカイツブリ

ツル目ツル科

マナヅル

ナベヅル

チドリ目カモメ科

ユリカモメ

タカ目タカ科

オオタカ

ハヤブサ目ハヤブサ科

ハヤブサ

主に早期発見を目的とする。

高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)に感受性が高く、死亡野鳥等調査で検出しやすいと考えられる種。

死亡野鳥等調査で、平成22年度及び28年度の発生時を合わせた感染確認率が5%以上であった種。

検査優先種2(11種)

 

 

カモ目カモ科

マガモ

オナガガモ

トモエガモ

ホシハジロ

スズガモ

ツル目クイナ科

オオバン

タカ目タカ科

 オジロワシ

 オオワシ

 ノスリ

 クマタカ

フクロウ目フクロウ科

フクロウ

さらに発見の可能性を高めることを目的とする。

過去に日本と韓国等において死亡野鳥で感染確認のある種を含める。

検査優先種3

 

 

カモ目カモ科

カルガモ、コガモ等(検査優先種1、2以外全種)

カイツブリ目カイツブリ科

ハジロカイツブリ等(検査優先種1、2以外全種)

カツオドリ目ウ科

カワウ

ペリカン目サギ科

アオサギ

ツル目ツル科

タンチョウ等(検査優先種1、2以外全種)

チドリ目カモメ科

ウミネコ、セグロカモメ等(検査優先種1、2以外全種)

タカ目

トビ等(検査優先種1、2以外全種)

フクロウ目

コミミズク等(検査優先種1、2以外全種)

ハヤブサ目

チョウゲンボウ等(検査優先種1、2以外全種)

感染の広がりを把握することを目的とする。

水辺で生息する鳥類としてカワウやアオサギ、検査優先種1あるいは2に含まれないカモ科、カイツブリ科、ツル科、カモメ科の種を、また鳥類を捕食する種として検査優先種1あるいは2に含まれないタカ目、フクロウ目、ハヤブサ目の種を対象とした。

その他の種

 

 

上記以外の鳥種すべて。

猛禽類以外の陸鳥類については、カラス類以外は国内では感染例が知られておらず、海外でも感染例は多くないことから、その他の種とする。また、国内のカラス類の感染例はいずれも家きんの発生に関連すると考えられることから、その他の種とする。

野鳥監視重点区域においては、3羽以上の死亡が見られた場合の他、感染確認鳥類の近くで死亡していた等、感染が疑われる状況があった場合には1羽でも検査対象とする。

 


検査優先種写真 [PDFファイル/344KB]

※ 上記内容は,環境省自然環境局が作成した「野鳥における高病原性鳥インフルエンザに係る対応技術マニュアル」から抜粋したものです。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)