ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす自然保護課金華山島保全対策検討委員会

金華山島保全対策検討委員会

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年5月14日更新

金華山島保全対策検討委員会

審議会等の名称及び設置日

金華山島保全対策検討委員会 (平成7年4月設置)

 

審議会等の設置の根拠

金華山島保全対策検討委員会設置要綱

 

設置の趣旨・必要性等

 金華山島は,希少な太平洋型ブナやモミの原生的な森林群落が残存し,その中で,シカ等の野生生物が共存する貴重な生態系を有している。
 しかし,生態系の根幹をなす森林は,シカによる稚樹の採食により天然更新が図れず,自然環境の悪化が進行しているため,島内の優れた自然環境の維持・保全する各種対策に関して検討することを目的とする。

 

審議する事項

金華山島の自然環境保全対策のための検討事項

  • 効果的な防鹿柵の構造,規模,配置
  • 島の森林が天然下種更新可能なシカの適正頭数
  • その他必要な事項

 

公開・非公開の別

公開

 

議事録

 

事務局担当課(所)

環境生活部自然保護課自然保護班 (電話:022-211-2672)

金華山島保全対策検討委員会の表
牡鹿半島側より金華山島を臨む(平成18年3月撮影)島内に生息するニホンジカ(下草を採食している風 景)(平成18年3月撮影)
牡鹿半島側から見た金華山島

島内に生息するニホンジカ

完成した防鹿柵(ぼうろくさく)(平成18年4月撮影)完成した防鹿柵(ぼうろくさく)(平成18年4月撮影)
完成した防鹿柵①完成した防鹿柵②

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)