ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

調査の必要はありません

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年11月24日更新

 調査の必要がない場合,死亡野鳥は一般ゴミとして処分することとなりますので,市町村の廃棄物担当部署へお問い合わせいただくか,土地・施設の管理者へ廃棄を依頼するようお願いいたします。御自身で処理される場合には,素手で触らぬようビニール袋等で3重に包み込み,可燃ゴミとして処分いただくようお願いします。
 ただし,天然記念物については,文化財保護法に基づき個体の計測等が必要になりますので,市町村教育委員会へお問い合わせください。
 なお、鳥インフルエンザのウイルスは通常では人には感染しません。野鳥と接する機会のある方は、環境省による「野鳥との接し方」[PDF/65KB]もご覧ください。また、野鳥への給餌等についての県の考え方はこちらをご覧ください。

野鳥への給餌等についての県の考え方 

 高病原性鳥インフルエンザについて詳しくお知りになりたい方は、環境省ホームページ「高病原性鳥インフルエンザに関する情報」を参照してください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)