ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす食と暮らしの安全推進課みやぎ食の安全安心県民総参加運動

みやぎ食の安全安心県民総参加運動

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

食と暮らしの安全推進課では,平成16年4月から,県,生産者・事業者及び消費者が協働し,県民総参加でみやぎの食の安全安心確保に取り組む「みやぎ食の安全安心県民総参加運動」を展開しています。県民総参加運動では,生産者・事業者の方が取り組む「みやぎ食の安全安心取組宣言」,消費者の方が参加する「みやぎ食の安全安心消費者モニター」の2つの取り組みを柱に運動を実施しています。

県民総参加運動ロゴマーク

みやぎ食の安全安心取組宣言

生産者・事業者は,県のガイドラインに従って自主基準を定め,公開します。県は,自主基準を公開する者を「みやぎ食の安全安心取組宣言者」として承認し,ロゴマークまたは「みやぎ食の安全安心取組宣言」の文字の表示の使用を認めます。
このマークは,生産者・事業者の方が,日ごろから食の安全安心確保対策に積極的に取り組んでいる「証」です。みやぎ食の安全安心取組宣言制度は,その取り組みを消費者の方々に伝え,理解と信頼を得ようとするものです。

野菜とご飯

現在,県内の多くの生産者・事業者の方が取組宣言に参加しています。
個々の生産者・事業者の方の自主基準等については,「みやぎ食の安全安心取組宣言者検索」のページで見ることができます。

みやぎ食の安全安心消費者モニター

県にモニターとして登録していただき,研修会や各種行事に参加する等の活動を行います。
県では,モニターの方々からの情報提供及び意見を施策に反映することとしています。
対象者は,県内在住の満18歳以上の方で,食の安全安心について関心を持ち,無償ボランティアで活動できる方です。

《申込書はこちらです》

食の安全安心に係る情報提供

ひとりでも多くの方々に,食の安全安心について正しい知識を備えていただくことを目標として,ホームページにおいて正確で分かりやすい情報を掲載しています。

食の安全安心相互交流理解度アップへの取り組み

 消費者・生産者・事業者及び行政等がお互いの意見や情報を交換することを目的とした,食の安全安心セミナーを開催しています。
 食の安全安心セミナーの内容については,こちらをご覧ください。

 また,各地域単位で地方懇談会を開催し,より地域に密着した食の安全安心に関するリスクコミュニケーションの充実強化に努めています。
 地方懇談会の開催内容については,こちらをご覧ください。

「みやぎ食の安全安心県民総参加運動」あり方検討会

 「みやぎ県民総参加運動」のあり方について検討するため,あり方検討会を開催しました。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)