ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす食と暮らしの安全推進課みやぎ食の安全安心取組宣言制度について

みやぎ食の安全安心取組宣言制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月14日更新

平成16年4月1日に施行したみやぎ食の安全安心推進条例は,食の安全安心の確保に向け,県,生産者・事業者及び消費者による協働した取組を促進する施策を総合的に推進することを目的としています。
これを受け,県は「みやぎ食の安全安心県民総参加運動」の重要な事業の一つとして,生産者・事業者が取り組む「みやぎ食の安全安心取組宣言」の推進に取り組んでいます。

県内の生産者・事業者の皆様,「みやぎ食の安全安心取組宣言者」となり,食の安全安心の確保のための取り組みをPRしてみませんか。
消費者の皆様,食品選択の基準の1つとして当制度をぜひ御活用ください。

取組宣言者の検索県内の取組宣言者を検索したい場合は右の「取組宣言者の検索」ボタンをクリックしてください。(なお,東日本大震災の影響により営業を中止している宣言者もおります。御了承ください。) 

制度の概要

  • 生産者・事業者は,県のガイドラインに従い,食の安全安心に係る基準(自主基準)を定める。
  • 自主基準を定めた生産者・事業者は,知事に登録申請を行い,承認を受けることによりみやぎ食の安全安心取組宣言者として登録される。
  • 食の安全安心取組宣言者は,店頭やホームページなどで自主基準を公開し,食の安全安心の確保に取り組む。

制度の目的

  • 生産者・事業者の食の安全安心に対する取組を消費者に伝える。
  • 生産者・事業者の食の安全安心に対する意識の高揚を図る。
  • 消費者が食品の選択の目安とする。

対象者

宮城県内の食品の生産者及び食品に関連する営業施設が事業者(県内に事業所等がある製造加工業者,流通・販売業者,飲食店,市場,輸送関連業者等食品を取り扱う個人,法人事業者及び団体)が対象です。
下記の表示を行っている生産者・事業者は,食の安全安心に関する自主基準や遵守状況を公開し,食の安全安心に積極的に取り組んでいる「みやぎ食の安全安心取組宣言者」です

  • ロゴマークによる表示

    下記のアニメむすび丸入りのロゴマークを店頭等に掲示したり,パンフレット・ホームページ等に掲載することができます。
    デザインは,アニメむすび丸の持ち物の違いで5種類(野菜とご飯,牡蠣と仙台牛,魚と大根とハート,箸とハート,箸とご飯)があり,そのうち好きなものを1つ選んで使用できます。
    ロゴマーク(野菜とご飯)牡蠣と仙台牛魚と大根とハート箸とハート箸とご飯

    ※商品の包装にはアニメむすび丸入りのロゴマークは使用できませんが,下記のアニメむすび丸なしのロゴマークを使用できます。
    ロゴマーク(アニメむすび丸なし)

    店頭等に掲示する場合は,承認番号及び安全安心のメッセージ※を,その他の場合は,承認番号を付記します。
    ※安全安心のメッセージ:食の安全安心の確保に関して,取組宣言者が得意とする分野や消費者にアピールしたい取り組み等のことです。
     
  • 文字による表示
    文字による表示例(みやぎ食の安全安心取組宣言承認番号○○○○○○)

    ※上記の表示を行うには,「みやぎ食の安全安心取組宣言」の登録の承認が必要です。

各種申請手続資料について

各種申請手続き等については,下記を御覧ください。

みやぎ食の安全安心取組宣言事業実施要綱

別表1~3(自主基準に関するガイドライン,自主検査項目等)

様式第1~6号(登録申請書,変更届出書,実施状況報告書等)

承認基準

※御不明な点等がございましたら,食と暮らしの安全推進課まで御連絡ください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)